SONY・Panasonic・JVC・Canon・FUJINON・Vinten・sachtler・Blackmagic design 業務用機器正規取扱店

【Inspire 2】 DJI ドローン(調整済み)

商品コード INSPIRE2
メーカー DJI
販売価格 360,185円(税抜) / 389,000(税込) (送料無料)
在庫数量 取り寄せ(代引不可)
DJI無償付帯保険 AEROENTRY 登録フォーム(初年度無償、最高1億円)
商品の梱包について 輸入品に付き、梱包の外装に凹み傷などがある場合がございますが、動作に影響ございません。予めご了承ください。DJI正規輸入品です。
購入個数

商品詳細情報

DJI Inspire 2

Inspire 2 の仕様が変更になりました。詳細は下記メーカーページよりご確認ください。
また、当ページの商品情報は一部仕様変更前の記述となります旨、ご了承ください。

関連商品

DJI製品の保証について

DJI製品の保証は商品到着日より15日以内の無償修理対応のみとなります。それ以降は有償対応となります。ご了承ください。期間内に製品に不具合があった場合は、早急に弊社へご相談ください。

  • ※ 無償修理対応には、必ず全ての製品および備品(外箱・説明書等を含む)とご購入時のレシート(納品書)が必要となります。

Osmo、Ronin、Ronin-M、Ronin-MXは1年保証です。

無人航空機の飛行ルールについて

2015年12月10日よりドローンやラジコン機等の無人航空機の飛行ルールが新たに導入されることになりました。
制限地域等、詳細は国土交通省無人航空機の飛行ルールのページをご参照ください。

電波障害について

ドローンを電波障害の起きやすい所から飛ばされると非常に危険ですので、絶対にお止め下さい。2サイクルエンジン(発電機や農耕機)の上など障害電波の出やすい環境では実際に墜落した例もあります。

バージョンアップについて

お客様のバージョンアップ等の失敗による動作不良等は有償修理となる可能性がございますので、ご了承いただきますようお願いいたします。

調整済み商品をお買い上げのお客様へ

調整済みの商品は最新のファームウェアにアップデート、機体のアクティベート、IMU校正、プロペラの駆動確認、カメラジンバルの確認を行っております。商品到着後は簡単なセッティングで空撮モニタリングを楽しめる状態となっております。

  • ※ ファームウェアは調整作業時での最新版を適用しておりますが、輸送中などにバージョンが上がる場合があります。
  • ※ 動作確認のため、機体の初期設定を行います。
  • ※ 調整の実施に1~2営業日ほどお時間いただきます。

別売オプション

紹介動画

主な特徴

Inspire 1 の登場は、世界中に驚きをもたらしました。HD動画伝送システムと統合された世界初の空撮用ドローンで、360°回転式ジンバルと4Kカメラを搭載、アプリによるコントロールも実現しました。Zenmuse X5とX5Rカメラの発売により、Inspire 1は世界中の映像制作者にとって必要不可欠なツールになりました。

Inspire 2は、Inspire 1が持つすべての機能を継承し、さらなる改良が加えられています。新しい画像処理システムは、 Adobe Cinema DNG RAW、Apple ProRes等に対応し、最大5.2Kまで撮影することができます。このサイズの機体としては前人未踏の速度と敏捷性を誇り、停止した状態から時速80kmまでわずか5秒で加速、最大スピードは94kmに達します。デュアル・バッテリー・システムはフライト時間を最大27分に延長し(X4S搭載時)、自己発熱技術によって低温環境下での飛行も可能となりました。Flight Autonomy(フライトオートノミー)も改良され、2方向の障害物回避が可能となり、センサーの冗長性も提供されています。スポットライトプロを含む複数のインテリジェント・フライトモードが追加され、パイロット1人だけでも、より複雑でドラマチックな映像が撮影できます。内蔵FPVカメラとメインカメラからのビデオストリーミングも同時に行えるので、パイロットとカメラオペレーターは、より優れたコラボレーションを実現できます。

プロフェッショナルのための画質

Inspire 2には最新のCineCore 2.0画像処理システムが搭載され、5.2Kの動画をAdobe CinemaDNG*1、Apple ProRes*2 等で録画可能です。機体のノーズ部分にCineCore 2.0は内蔵されており、専用のジンバルポートで対応するカメラの取り付けが可能です。(現在、X4S*3 とX5Sと互換性があります。)

  • *1 追加のライセンスが必要です。
  • *2 追加のライセンスが必要です。
  • *3 X4SはDNG RAWまたはApple ProResに対応していません。

効率的なワークフロー

Inspire 2のクリエイティブなワークフローは完全に最適化されており、Adobe CinemaDNGとApple ProResで動画を録画できます。さらに、映像制作のポストプロダクションには、その他の一般的なフォーマットを使用することができます。FAT32/exFAT ファイルシステムにも対応し、追加のソフトウェアなしでCINESSDから迅速にファイルをコピーすることができます。

  • * 近日公開予定

障害物感知・回避機能

機体の前方と下向きにそれぞれ設置されビジョン・センサー・システムで、Inspire 2は最大30m先までの障害物を検知することができます。制御可能な姿勢角は25°、最大時速54kmで障害物の回避が可能です。また、上部を向いた赤外線センサーは、上空5mまでの障害物を検知し、狭いエリアでの安全性がさらに確保されます。障害物検知システムは通常の飛行中、Return-to-Home、すべてのインテリジェント・フライトモードで作動します。

スポットライトプロ

スポットライトプロはパワフルな追跡モードです。パイロット1人でも複雑でドラマチックな画像を撮影できます。スポットライトプロは、飛行中にInspire 2がどの方向を向いていても、最新のビジュアル・トラッキング・アルゴリズムを使用して被写体をロックします。クリエイティブな撮影のための専用のカメラオペレーターは、もう必要ありません。ジンバルが回転制限に達しても、Inspire 2は機体の操作に影響を及ぼすことなく、カメラは同じ方向に回転し、撮影される映像はジンバルの動きに制限されません。

撮影モードには、クイックモードと構図モードの2種類のモードがあります。クイックモードは、追跡を始める被写体を選択します。構図モードは、被写体と追跡位置を選択します。被写体が事前に設定された位置に来たら、ショートカットを押して追跡を開始してください。ジンバルは構図を調整するため、撮影中に動かせます。スポットライトプロは、ActiveTrack(アクティブトラック)、TapFly(タップフライ)、ウェイポイントとポイントオブインタレストを含むすべてのインテリジェント・フライトモードで使用することができます。

インテリジェント・フライトモード

スポットライトプロに加えて、さまざまなインテリジェント・フライトモードと撮影モードを使用することができます。障害物回避はポイントオブインタレスト とウェイポイント の使用時に最適化され、複雑な撮影を簡単にし、繰り返し撮影を可能にします。よりチャレンジングな撮影をシンプルにするクイックスピン、TapFly(タップフライ)とActiveTrack(アクティブトラック)でも使用することができます。

  • * 近日公開予定

TapFly(タップフライ)

2軸の内蔵FPVカメラがメインのカメラビューからフライトビューを分離し、Inspire 2に専用のタップフライカメラを効果的に付与します。飛行ルートを設定するには、FPVビューの画面上で飛行させたい位置をタップします。Inspire 2は自動でそのルートに沿って飛行し、パイロットはジンバルの動きに集中できます。

ActiveTrack(アクティブトラック)

Inspire 2はActiveTrack(アクティブトラック)モードで、人、自転車、車からボートまで、さまざまな被写体を認識します。被写体に基づいて追跡プロファイルが調整され、追跡の精度がより向上します。

スマート Return-to-Home

機体の前方と下向きにそれぞれ設置されたビジョン・センサー・システムで、Inspire 2はリアルタイムで飛行ルートのマップを飛行中に作成します。動画伝送システムの信号が失われ、スマートReturn-to-Homeが有効になった場合、元の飛行ルートに沿って帰還します。また、信号が復帰すると、直線の動きに変更します。ホームに帰還する際は、主要なカメラを使って障害物を最大200m先まで認識し、安全な飛行ルートを計画し、そのルートで帰還します。接続を失った後も、より迅速に再接続します。

伝送システムとコントロールシステムの最適化

最新のLightBridgeテクノロジーを採用。

マスター&スレーブコントロール

新しい無線HD画像伝送技術が動画情報をマスターコントローラーからスレーブコントローラーに送信されます。

放送モード

放送局は専用の1080i50と720p60伝送信号を使って、Inspire 2から直接放送することができます。Inspire 2のコントローラーを衛星トラックと接続するだけで、空撮ライブを直接TVにストリーミングできます。

  • ※ 日本仕様(障害物、電波障害がない場合)
  • ※ 5.6GHzはいくつかの国では現地の法令により、ご利用いただけません。

パワフルな飛行性能

新しい推進システムが、次世代のフライトパフォーマンスをさらにパワーアップさせるために最適化されました。Inspire 2は最大時速108km、最大下降速度9m/s、最大上昇速度6m/sで飛行します。時速0kmから80kmまでわずか4秒で加速し、最大姿勢角40°で飛行します。

2つのコントローラースティックで、より高感度でデリケートな操縦を簡単に行えます。パワーアップした飛行性能で、Inspire 2は極限の条件下での飛行も実現。自己発熱型フライトバッテリーで、海抜2500~5000m上空、気温-20度での飛行が可能です。

信頼性の増大能

IMU、コンパス、気圧計といった主要なモジュールのデュアル冗長性により、信頼性も大幅に増大しています。インテリジェント・フライト・コントロール・システムが冗長化システムを監視し、正確な飛行データを提供します。

新しい障害物検知システムで、Inspire 2は障害物を検知して回避。衝突のリスクを最小化します。

デュアルバッテリーなので、どちらかのバッテリーに不具合が生じた場合でも、残りのバッテリーが安全な着陸を可能にするフライトを維持します。同時に、Inspire 2の推進システムはシリアルポート信号冗長性のPWM信号で駆動されているため、PWM信号が失われてもシリアルポートから伝送が維持されます。

この推進システムは何千時間もおよぶ信頼性試験を受けており、主要なセンサーとデュアルバッテリー設計と組み合わせると、飛行の信頼性は総合的に増大します。

各機能、性能の詳細

機体

材質と設計

Inspire 2は、Inspire 1のプラスチック外板と比較してよりエレガントなグレーのマグネシウム外板を採用。機体の強度が向上し、軽量化されました。T型ジャンクションエアフレームの接続部はカーボンファイバー製。より統合された設計で機体の重量を削減し、洗練されたデザイン性も両立しています。

CineCore 2.0

Inspire 2には、CineCore 2.0と呼ばれるパワフルな画像処理システムと、新しいCINESSDシステムが搭載されています。これらのシステムが機体に内蔵されているため、画像データの保存も処理もより迅速になり、CINESSDストレージシステムそのものも保護されます。また、カメラがより軽量になり、機体の敏捷性と総合的な飛行のパフォーマンスも向上しています。CineCore 2.0は、異なる撮影ニーズを満たすZenmuse X4SとX5Sとの互換性があります。どちらのカメラも、安全性も向上した新しいジンバルポートを使って、より素早く取り付けることができます。

2軸FPVカメラ

Inspire 2の機体の前方には、FPVカメラが搭載されました。カメラを安定化させる2軸ジンバルのピッチ範囲は0~60°で、この範囲はコントロールすることが可能です。FPVカメラにはグローバルシャッターが付いています。ブラシレスジンバルの安定性と組み合わせて、撮影時のブレを防ぎ、鮮明なシーンだけを残します。Lightbridge HD動画伝送技術を使って、DJI GOアプリへの主要なカメラからのフィードと同時にビデオフィードに送られるので、複雑なシーンの撮影時にもオペレーターとカメラオペレーターの両方で同じビューを確認できます。DJI GOアプリは、マスターコントローラーとスレーブコントローラーのフィードと同じ動画品質を保ちながら、異なるビューに切り替えることができます。パイロットとカメラオペレーターの総合的な操作性がともに改善されます。

デュアルバッテリー設計

Inspire 2は98Wh バッテリー一組使用するデュアルバッテリー設計です。フライト時間が延長され、バッテリーも冗長化されています。2個のバッテリーの並列接続なので、飛行中にどちらかのバッテリーに不具合が生じても、もう一方のバッテリーが安全に帰還するための電力を供給します。バッテリーが正しく設置されるように、バッテリーの解除ボタンとリンクボタンが中央に設置されています。バッテリーが正しく取り付けられていない場合、両方のボタンが飛び出した状態になります。、バッテリーコンパートメントのセンサーが、バッテリーが正しく取り付けられているかどうかを確認します。不具合が生じた場合、DJI GOアプリに通知が表示されます。

インテリジェント・フライト・バッテリーのアップグレード

新しいInspire 2のバッテリーは、より高性能で高密度なバッテリーセルを使用し、大容量で最新の管理ユニットを採用しています。内蔵型の70W自己発熱型システムが低温環境下での性能を最適化し、1分ごとに5℃までバッテリーが加熱されます。この自己発熱機能は、自動でもマニュアルでも作動させることができます。管理ユニットが常にバッテリーのステータスを監視し、バッテリー残量、バッテリー温度を含めたすべての情報を作成し、それらをDJI GOアプリで簡単に確認できます。

パワフルな飛行性能

敏捷性と操作性

Inspire 2のH型フレームのアームには、最高速度と加速性を大幅に向上させる2馬力の推進力システムを形成する15インチのプロペラが取り付けられています。スピードの増大が新たなチャレンジを生み、多くの技術的なハードルを超えなければなりませんでした。それらのハードルを乗り越えたInspire 2は、最大速度108km/hを実現します。108km/hを可能にするため、推進システムをきめ細かく調整、キャンバー角3°でより安定したピッチを提供し、最新のフライト・コントロール・システムを採用。空気抵抗を低減し、安定性の強化も行いました。さらに、Inspire 2は最新の速動型フライト・コントロール・システムで、9m/sで上昇することができます。

高精度なコントロール

姿勢アルゴリズムが包括的に改良され、コントロールスティックの感度が増大。パイロットはより優れた精度で飛行できます。DJI GO 4アプリでフライトパラメーターの調整も可能で、パイロットは思い通りの調整をInspire 2に行えます。Inspire 2にはトライポットモードが搭載され、超微細な飛行やゆったりとした優美な飛行も実現します。

極端な気象条件下での耐久性

Inspire 2の極めて堅牢な姿勢制御アルゴリズムが、さまざまなタイプの気象条件下での飛行を可能にしました。標準型プロペラで、海抜2,500mまで飛行できます。別売の高所用プロペラを使用すれば、海抜5,000mまで飛行可能です。インテリジェント・フライト・バッテリーに自己発熱技術が内蔵され、-20℃まで飛行できます。

コントロール、感知、回避

障害物検知

前方向きと下方向きのデュアル・ビジョン・システムは、それぞれ60°と54°の視野で検知し、Inspire 2は最大30m先までの障害物を感知します。広画角と長距離の組み合わせで、Inspire 2はブレーキに必要な距離を正確に計算することができます。これにより、Inspire 2は障害物回避の機能を損なうことなく、姿勢角25°で最大時速54kmを実現します。機体の上部にある赤外線センサーが上空にある障害物を最大5mまで検知し、閉鎖された空間での飛行の際にさらなる安全性を提供します。

正確なホバリング

Inspire 2は、前方と下方のステレオ・ビジョン・システムに視覚オドメトリ技術を採用しています。フライトコントローラーで集められたデータと合わせて使用すると、Inspire 2の室内や衛星信号のない場所でのホバリング精度がより正確になります。シングル・ビジョン・センサーとデュアル・超音波センサーで構成されている基本的な位置調整システムと異なり、Inspire 2のデュアル・ビジョン・センサーは環境の被写界深度を取得し、機体の微妙な動きに対してより感度が高くなっています。

視覚オドメトリ技術は、飛行速度のわずかな変化を検知、飛行経路を記録し、リアルタイムで位置データをフライトコントローラーに送ります。この技術によって、衛星測位だけを使用している場合と比較して高精度な飛行が実現し、ホバリング精度がより正確になります。障害物の後ろを飛行している際にGPS信号が失われた場合や、屋内から屋外への飛行時、Inspire 2はコントロールスティックが解放された位置でホバリングします。そのため、映像制作者は多種多様なロケーションで撮影を行えます。

着陸地形の検出

ビジョン・ポジショニング・システムは、ビジョン・フロー・センサー1台とウルトラ・ソニック・センサーで構成されています。ウルトラ・ソニック・センサーのみを使用してデータを集めると、地上の着陸地点の正確な情報を生成することはできません。Inspire 2のステレオ・ビジョン・システムは、機体の着陸ポイント間の高度の違いを計算し、リアルタイムで地形をスキャンするため、着陸に適したエリアを確保することができます。

360°QuickSpin(クイックスピン)

QuickSpin機能はマニュアルでも自動でも作動できます。マニュアルでは、DJI GOでQuickSpinとしてボタンをカスタムすることができます。カスタムが完了すれば、ジンバルが回転制限に近づいた際にボタンを回転させると、Inspire 2がジンバルの動きから解放され、ジンバルの方向と同じ方向に360°回転します。自動のQuickSpinは簡単に使用できます。この機能が作動中、ジンバルが270°を超えるとInspire 2は自動で回転します。Inspire 2は回転していても通常飛行します。

正確なジンバルコントロール

Inspire 2のジンバルの防振性能を増大する3つの防振ボールと防振板はわずか40g、旧型のボードの半分の重さしかありません。ジンバルの動きはDJI GOに内蔵されているパラメーター設定でカスタマイズできるので、オペレーターは目的の撮影を行うために必要なコントロールを獲得できます。新しいジンバル・コントロール・システムがコントロールの精度を最大0.01°増大させます。さらに、このジンバルは90mm相当のロングレンズを搭載できるほどパワフルです。新しい姿勢制御設計で、ジンバルのレベルが自動的に維持され、地平線の傾斜を劇的に減少させます。ジンバルには新しいフォローモードも搭載され、ジンバルの方向とマスターコントローラーをリンクさせ、スレーブコントローラーと同様のコントロール体験を提供します。

安全性と利便性

デュアル信号推進システム

デュアルESCがInspire 2の冗長性を強化。通常の使用では、ESCコマンドはPWM信号を使って送られます。これが失われた場合、コマンドはシリアルポートを介して送られます。ESCはInspire 1の最新の特許取得済みアルゴリズムを踏襲しており、機能的な推進冗長性を提供します。組み合わせると、これらのシステムがInspire 2の信頼性を著しく増大させます。

利便性

離着陸時にアームが上下する変形設計とデュアルバッテリー設計で、Inspire 2の飛行の利便性が高まりました。電源ボタンを5回押すだけで、システムはジンバルへのパワーをオフにします。カメラが取り外されると、機体は自動でトラベルモードになります。機体をキャリーケースに入れるだけで、準備完了です。ランディングモードに戻すには、電源ボタンを5回押してください。ランディングギアが拡張します。さらに、カメラは機体の電源をオフしなくても取り付けられるので、設定時間が短縮されます。

持ち運びに便利な標準タイプのキャリーケースは、バッテリー充電ステーション、180Wバッテリーチャージャー、カメラ、その他屋外での撮影に必要な物を収納できます。Inspire 2のバッテリーは両方98Wで、民間の航空規制機関の要件に準拠しています。

動画伝送システム

新しいLightBridge HD動画システムを採用

Inspire 2は、新しいLightbridge HD動画システムを採用し、最適なビデオフィード品質と送信機の信頼性を確保します。

放送モード

テレビ放送のための放送モードが考案されました。このモードでは、Inspire 2から放送規格である720p60か1080i50でビデオのストリーミングが可能です。いったん放送機器と接続すれば、信号変換をすることなく映像をライブで送ることができます。さらに、パイロットがリアルタイムのビューを維持している間にも、最適化されたHDMI出力の遅延が短縮されています。滑らかな再生やより安定したフレームレートを提供します。

オペレーション

DJI GO アプリ

DJI GOアプリは、Inspire 2にフルコントロールを提供し、カスタマイズを可能にするパワフルで便利なアプリケーションです。タップするだけで、機体のフライトステータスをリアルタイムで確認し、自動離陸やReturn-to-Homeをトリガーしたり、カメラ設定をコントロールしたり、インテリジェント・フライトモードを作動させたりします。

仕様

機体(モデル:T650)

重量3290g(2個のバッテリーを含む、ジンバルとカメラは含まず)
対角寸法(プロペラを含まず)605mm(ランディングモードの状態)
最大離陸重量4000g
限界運用高度(海抜)2500m、5000m(プロペラを使用時)
最大フライト時間約27分(Zenmuse X4Sを取り付けているとき)
最大傾斜角度Pモード:35°(下方向のビジョンシステム有効時)
Aモード:25°
Sモード:40°
最大上昇速度Pモード/Aモード:5m/s、Sモード:6m/s
最大下降速度垂直:4 m/s、チルト:4~9m/s、デフォルトのチルト7m/s
アプリで設定可能
最大速度108km/h
GPSホバリング精度垂直:±0.5mまたは ±0.1m(下方向のビジョンシステム有効時)
水平:±1.5mまたは±0.3m(下方向のビジョンシステム有効時)
動作環境温度-20~40℃

ジンバル

角度ぶれ範囲±0.01°
操作可能範囲ピッチ:-130~+40°、ロール: ±20°、パン: ±320°
最大制御スピードピッチ:90°/s、ロール: 90°/s、パン:90°/s

送信機

動作周波数2.400~2.483GHz
最大伝送距離4km(日本仕様)(障害物および干渉がないこと)
バッテリー6000mAh 2S LiPo
出力電力9W(Not supply power for mobile device)
USB電源iOS:1A @ 5.2V(最大)、 Android:1.5A @ 5.2V(最大)
動作環境温度-20~40℃

下方のビジョンシステム

対応速度高度2mで10m/sの速度で飛行するとき
対応高度<10m
動作範囲<10m
動作環境地表の模様が明瞭で、適切な明るさのある状態(15ルクス超)
超音波センサー動作範囲0.1~5m
超音波センサー動作環境非吸収性の固い地表(厚い屋内用カーペットは性能が低下します)

上方のビジョンシステム

障害物検知範囲0~5m
障害物検知角度±5°
動作環境大きなもので、反射しない障害物に限る

前方ビジョンシステム

障害物検知範囲0.7~30m
障害物検知角度水平方向:60°、垂直方向:54°
動作環境地表の模様が明瞭で、適切な明るさのある状態(15ルクス超)

インテリジェント・フライト・バッテリー(モデル:TB50-4280MAH-22.8V)

容量4280mAh
電圧22.8V
バッテリータイプLiPo 6S
電力量97.58Wh
正味重量515g
充電温度5~40℃
動作環境温度-20~40℃
最大充電電力180W

充電器(モデル:IN2C180)

電圧26.1V
定格出力180W

充電ハブ(モデル:IN2CH)

入力電圧26.1V
入力電流6.9A

商品構成

  • * 保証の対象外です。

外部リンク

商品の仕様・外観は改良のため予告なく変更されている場合があります。
ご覧いただいている環境によっては、掲載されている写真とお届けする商品の色合いが若干異なって見える場合があります。

お客様のご都合による返品、交換は致しかねます。
詳しくは弊社利用ガイド 返品について をご確認ください。