SONY・Panasonic・JVC・Canon・FUJINON・Vinten・sachtler・Blackmagic design 業務用機器正規取扱店

【Phantom 4 Pro+】 DJI ドローン(調整済み)

商品コード PHANTOM4-PRO+
メーカー DJI
販売価格 221,296円(税抜) / 239,000(税込) (送料無料)
在庫数量 取り寄せ(代引不可)
DJI無償付帯保険 AEROENTRY 登録フォーム(初年度無償、最高1億円)
調整済み商品について 調整済みの商品は最新のファームウェアにアップデート、機体のアクティベート、IMU校正、プロペラの駆動確認、カメラジンバルの確認を行っております。商品到着後は簡単なセッティングで空撮モニタリングを楽しめる状態となっております。

※ファームウェアは調整作業時での最新版を適用しておりますが、輸送中などにバージョンが上がる場合があります。
※動作確認のため、機体の初期設定を行います。
※調整の実施に1~2営業日ほどお時間いただきます。

商品の梱包について 輸入品につき、梱包の外装に凹み傷などがある場合がございますが、動作に影響ございません。予めご了承ください。DJI正規輸入品です。
キャンペーン選択

購入特典としてキャッシュバックを実施中!上記選択欄より「キャッシュバック」をご選択ください。

購入個数

商品詳細情報

DJI Phantom 4 Pro+

関連商品

DJI製品の保証について

DJI製品の保証は商品到着日より15日以内の無償修理対応のみとなります。それ以降は有償対応となります。ご了承ください。期間内に製品に不具合があった場合は、早急に弊社へご相談ください。

  • ※ 無償修理対応には、必ず全ての製品および備品(外箱・説明書等を含む)とご購入時のレシート(納品書)が必要となります。

Osmo、Ronin、Ronin-M、Ronin-MXは1年保証です。

無人航空機の飛行ルールについて

2015年12月10日よりドローンやラジコン機等の無人航空機の飛行ルールが新たに導入されることになりました。
制限地域等、詳細は国土交通省無人航空機の飛行ルールのページをご参照ください。

電波障害について

ドローンを電波障害の起きやすい所から飛ばされると非常に危険ですので、絶対にお止め下さい。2サイクルエンジン(発電機や農耕機)の上など障害電波の出やすい環境では実際に墜落した例もあります。

バージョンアップについて

お客様のバージョンアップ等の失敗による動作不良等は有償修理となる可能性がございますので、ご了承いただきますようお願いいたします。

別売オプション

紹介動画

主な特徴

Phantom 4 Proは、DJIのフラッグシップモデルであるPhantomシリーズの優れた飛行性能や操作性を継承し、比類なき映像技術とインテリジェント機能を実現しています。大幅に性能が向上したカメラは、2,000万画素の1インチセンサーを搭載し、4K/60fpsの動画を100mbpsで撮影できます。またバーストショット(静止画の連続撮影)は、14 fpsで撮影可能です。Flight Autonomy(フライトオートノミー)システムも拡張され、後方に追加されたステレオ・ビジョン・センサー、左右に追加された赤外線センサーによって、合計で5方向の障害物を検知し、4方向の障害物を回避できます。

Phantom史上最もパワフルなカメラ

新設計のカメラは、Phantom4のカメラから一新され、大幅に性能が向上しています。1インチ2,000万画素のCMOSセンサーを使用して、あらゆる被写体をより精彩に捉えます。パワフルになった映像処理機能によって、100mbpsで H.264の4K動画を60fps、またはH.265の4K 動画を30fpsで撮影でき、撮影後には高度な編集に必要な映像データを出力できます。特別に設計されたレンズは、7群8枚構成で、絞りはF2.8から F11まで調節可能です。メカニカルシャッターを備えているので、高速飛行中や高速で動く被写体の撮影時に、映像が歪むローリングシャッター現象を回避できます。

1インチのCMOSセンサー

センサーサイズは画素数よりも重要です。センサーが大きい方が1画素で捉える情報量が多く、ダイナミックレンジ、信号雑音比、微光量下での性能が強化されます。Phantom 4 Proの1インチCMOSセンサーは、Phantom 4の1/2.3インチセンサーと比べると、4倍の大きさなので、使用する画素数も大きくなりました。また、このセンサーで、もっとも高いISOは12800でコントラストも高くなっています。画像は、すぐに使用することができ、また高度な撮影後の処理に対応できるように細部まで十分に捉えることができます。

1/2.3 Inch Sensor 1/1000s F2.8 ISO 100 EV+0.1

PHANTOM 4 PRO 1/320s F8 ISO 100 EV+0.1

4/3 Inch Sensor 1/320s F8 ISO 100 EV+0.1

Full-Frame Sensor 1/320s F8 ISO 100 EV+0.1

編集用に最適化された4K

高性能な動画処理システムを採用しているため、動画は映画製作や編集用に最適化されたDCI 4K/60fps (4096 x 2160) を100mbpsで撮影できます。Phantom 4 ProはH.265の動画コーデックにも対応しています。特定のビットレートの場合、H.265の画像処理量はH.264の2倍で。画質が大幅に向上しています。高ダイナミックレンジのD-logモードで記録すると、画像データを最大限に活用して、カラーグレーディングを行えます。

高解像度レンズ

レンズの解像度と絞りは画像品質にとって極めて重要です。高品質のレンズだけがシャープで鮮やかな写真を高解像度で撮影することができるからです。最新のPhantom 4 Proのカメラのレンズは空撮用に最適化されており、2枚の非球面レンズを含め、7群8枚で構成されています。レンズの絞りはF2.8からF11に対応し、焦点距離は24mmです。画像は、一貫してきめ細かく、歪みや拡散が少ないため、シャープで鮮やかな写真や動画が確保できます。

Capture Every Moment

空撮は風景を撮影するだけでなく、アクションシーンから自動車レースまであらゆるシーンに新たな視点をもたらします。空撮用ドローンにとって、高速で動いている被写体を撮影することは、常に課題となっていました。Phantom 4 Proは、メカニカルシャッターを採用したDJI初のドローンです。最大シャッター速度が1/2000秒なので、高速で動く被写体を撮影したときに発生するモーションブラーやローリングシャッター現象を回避できます。最大シャッター速度1/8000秒の電子シャッターも使用可能です。新しいバーストショットモードは14 fpsで撮影できるため、完璧な一瞬を捉えることができます。

安全性を高める障害物検知・回避機能

Flight Autonomy(フライトオートノミー)は拡張され、飛行の信頼性が飛躍的に向上しました。従来の前方にあるセンサーに加え、高解像度のステレオ・ビジョン・センサーが後方にも搭載され、左右には赤外線センサーが搭載されました。このセンサーのネットワークにより、合計5方向の障害物検知と4方向の障害物回避が可能になっています。Phantom 4 Proは様々な障害物から守られており、パイロットは撮影に集中することができ、自信を持ってより複雑で印象的な映像を撮ることができます。

空から撮影する場合、パイロットは常に障害物を認識している必要があります。これは、初心者パイロットだけでなく熟練パイロットにとっても重要なことです。特に視界が妨害されている場合は特に注意が必要です。Phantom 4 Proには、 ステレオ・ビジョン・センサーと赤外線センサーを使用した周囲を検知するシステムが搭載されています。Phantom 4 Proは、前方と後方15メートル先の障害物を検知することができます。これにより、Phantom 4 Proは緊急時に障害物を避ける、または単にホバリングするといった飛行を選択することができます。同じシステムは、GPS信号のない場合の正確なホバリングも可能にします。左右にある赤外線センサーと組み合わせることで、 Phantom 4 Proは、合計4方向の障害物を回避することができます。前方と後方の障害物検知範囲が広がりました。これにより、機体はステレオ・ビジョン・センサーで完全に保護され、40%速く飛行可能になりました。このため、高速で印象的な動画をより簡単かつ安全に撮影できるようになりました。

ステレオ・ビジョン・センサー

2台の別々のビジョンセンサーを使用するステレオ・ビジョン・システムは、常に周囲をスキャンして飛行の安全性を高めます。空撮では、パイロットが被写体に向かって飛行させていたり、逆に被写体から離れて飛行させているのを見ることがよくあります。障害物を検知するために、機体には前方と後方にステレオ・ビジョン・センサーが搭載されています。これによりパイロットは撮影に集中することができます。使用しているビジョン・センサーは、解像度がPhantom 4より3倍高いため、より正確に障害物を検知することができます。最適化されたアルゴリズムと組み合わせて、Phantom 4 Proは障害物までの距離をリアルタイムで計算し、30m先までの障害物を確認できます。このため、障害物検知と回避機能をすべて有効にした状態で、最大速度50km/hでの飛行が可能です。Phantom 4 Proは、ほとんどのパイロットにとっては困難な障害物間の小さな隙間を通過し飛行することも可能です。

FlightAutonomy(フライトオートノミー)

FlightAutonomy(フライトオートノミー)とは、進化した空撮知能を持つ自動飛行プラットフォームのことです。FlightAutonomy(フライトオートノミー)は、7台のカメラ(前方、後方、下方にあるデュアル・ステレオ・ビジョン・センサーと主カメラ)、赤外線検知システム、デュアルバンド衛星測位システム(GPS とGLONASS)、2台の下方超音波距離計、冗長性を備えたIMUとコンパス、パワフルな専用コンピューティングコアの一群を含む10の部品グループの複雑なネットワークで構成されています。 Phantom 4 Proは、周囲のリアルタイムビューや近くの障害物の高度と位置についての情報を取得し、自身の位置を示すことができる3Dマップを作成します。IMUとコンパスは、重要な飛行状況、速度および方向の情報を収集すると同時に、冗長化に必要不可欠なデータをモニターし、考えられるエラーを除外します。これにより飛行の信頼性が飛躍的に向上します。

赤外線検知システム

Phantom 4 Proは、赤外線検知システムを採用したDJI初の機体です。機体の左右に搭載されているこれらの赤外線センサーは、赤外線3Dスキャンを使用して機体と障害物との距離を測定します。ビギナーモードとトライポッドモードでは、これらのセンサーは水平視野70°、垂直視野20°を持つため、最大範囲7mの広い画角でPhantomの両側の風景を捉えることができます。従来の超音波センサーは、3~5mの範囲しか検知できないため、でこぼこな表面を検出する場合、混乱する可能性があります。一方、赤外線検知システムは、干渉を避けながら正確に測定することができるため、より信頼性の高い検知と保護を可能にします。

専用ディスプレイ付き送信機

Phantom 4 Proは、強化されたLightbridge HDビデオ伝送システムを統合し、伝送距離を4km*まで広げています。送信機にあるシャッターボタンを半押しすることで、カメラのピントを合わせることができます。Phantom 4 Pro + の送信機に搭載されている5.5インチのディスプレイは、1000cd/m2の輝度を実現しています。従来のスマートデバイスの2倍の明るさで、直射日光を浴びている場合でも、フードなしに明るく鮮やかな色を容易に確認することができます。DJI GOアプリは、ディスプレイに組み込まれているため、ハードウェアとソフトウェアは完全に最適化可能で、さらに動画の遅延を低減することができます。また、HDMIポート、Micro-SDカードスロット、マイクロフォン、組み込みスピーカー、Wi-Fi 接続、5時間のバッテリー寿命など、Phantom 4 Pro +の送信機は空撮のニーズにしっかりと応えます。

  • ※ 障害物、電波干渉がない場合

インテリジェントフライト

Draw

Draw(ドロー)はウェイポイントコントロールのための最新技術です。ディスプレイ上に線を描くだけで、Phantom 4 Proは、高度を固定したまま、その描いた線の方向に飛行します。これにより、パイロットはカメラ操作に集中することができ、より複雑なショットを撮影することができます。さまざまなな状況で使用できるようにDraw(ドロー)には2種類のモードがあります。

  • 標準:カメラは飛行方向を向いたまま、機体は一定の速度で経路を進みます。
  • 手動:機体は、指示された経路に沿ってのみ移動します。飛行中、カメラはどの方向にも向くことができます。

ActiveTrack

トレース、プロフィール、スポットライトのインテリジェント・フライトモードを使って、もっとクリエイティブな角度からさまざまな被写体を追尾できます。

  • トレースモード:被写体の前後を追尾または被写体の動きに合わせて旋回します。
  • プロフィールモード:被写体と併走します。
  • スポットライトモード:機体がほとんどどこを飛行していても、カメラは照準を被写体に向け続けます。

TapFly

タップするだけで、ディスプレイ上で確認できるどの方向にでも飛行できます。ディスプレイ上のどこかをタップすると、自動で障害物*を回避しながら、スムーズに飛行方向を調整します。新しいAR ルート機能は、経路を調整しながら、参考用にリアルタイムで機体の方向を示します。ジョイスティックを使って高度、コース、速度、カメラピッチをコントロールすることは困難です。TapFly(タップフライ)を使えば、パイロットは飛行方向を設定することができ、飛行方向を変えることなく必要に応じて、Phantom 4 Pro を回転させる、またはジンバルをチルトすることもできます。現在、合計3つのTapFly(タップフライ)モードがあります。

  • TapFly(タップフライ)前方:タップして選択した方向に飛行します。
  • TapFly(タップフライ)後方:タップしてタップの反対方向に飛行します。すなわち、ディスプレイの下部の右コーナーでタップすると上部左にむかって後方に飛行します。
  • TapFly(タップフライ)フリー:カメラの方向をロックすることなく Phantomの進行方向をロックします。これにより Phantomは飛行中回転することができます。
  • ※ 障害物回避機能は、TapFly(タップフライ)フリーでは使用できません。

RTH(Return-to-Home)

RTH(Return-to-Home)モードでは、周囲の状況に応じて、自動的に最適経路を選択して帰還することができます。Phantom 4 Proは飛行中の経路を記録します。これにより、制御信号が途絶えた場合でも、障害物を回避しながら同じ経路に沿って帰還することができます。信号が途絶えたときの高度に応じて、Phantom 4 Proは飛行経路を調整し、飛行中に確認した障害物を回避することができます。離陸時、Phantom 4 Proは下の風景を記録し、それを帰還した時に確認した風景と比較するため、高精度ランディングが実現します。また、Phantom 4 Proは、地面を検知して着陸に適しているかどうか確認することもできます。障害物が見つかったり、地面に水があったりした場合、パイロットに警告を出し、適切な高度でホバリングをして、機体がより安全に着陸できるようにします。

ジェスチャーモード

ジェスチャーモードを使用して、送信機なしでジェスチャーだけで簡単にセルフィーを撮影できます。Phantom 4 Proは、先進のコンピュータービジョン技術を採用しているので、ユーザーはジェスチャーで撮影を指示することができます。被写体となる人がカメラに向かって腕を上げると、機体はその動きを認識し、ロックして被写体をフレームの中央に配置します。自撮りの準備ができたら、被写体は腕を差し出して機体に合図を送ります。3秒間のカウントダウンが開始されたら、その間にポーズをとることができるので、送信機を持つ必要がなく素晴らしい瞬間を捉えることができます。

飛行性能

フライトモード

さまざまな作品を撮影するためには、さまざまな飛行特性が必要になります。Phantom 4 Proは、3種類のフライトモードを用意しています。Pモード、Aモード 、そしてSモードです。これら3種類のモードを切り替えることにより、パイロットは滑らかさ、シンプルさ、インテリジェント・ナビゲーションやスピードといった、パイロットにとって必要なコントロールを選択できます。Pモードでは、TapFly(タップフライ)、ActiveTrack(アクティブトラック)、障害物検知と位置調整も利用可能です。スポーツモードでは、敏捷性と高速性を高まり、最大速度は72km/hに達します。Attiモードは、GPSモードをオフにして、機体の姿勢を維持します。このモードは、より滑らかな映像を撮影したい熟練パイロットに理想的なフライトモードです。トライポットモードはスピードを時速7kmに制限し、細かい構図設定や室内での撮影に、高精度なコントロールを実現します。これらのモードでは、赤外線センサーとステレオ・ビジョン・センサーがより安全な飛行を確保します。

最大伝送距離は4km

まったく新しいDJI Lightbridge HD動画伝送技術を使って、Phantom 4 Proの最大伝送距離は4kmを実現します*。2.4GHz帯に対応し、より信頼性の高いコントロールが実現します。DJI GOと緊密に統合されたLightbridgeの動画転送が、必要なフライト統計データをリアルタイムで転送し、接続されているモバイルデバイスに写真や動画を迅速に転送します。

Lightbridge動画伝送システムは最新の伝送技術を使用。自動で環境条件に適応できます。有効な範囲内で高品質、低遅延の画像伝送を確保し、パイロットにより優れた撮影体験を提供します。従来型のアナログ動画伝送は大きな帯域幅を必要とし、干渉の影響も受けやすい伝送方式です。さらに、画像品質も低く、伝送距離も短くなっています。

  • ※ 障害物、電波干渉がない場合。

センサーの冗長性

慣性測定装置(IMU)とコンパスは若干エラーからの影響を受けやすいとはいえ、マルチコプター開発の長年の経験と広域な信頼性試験から、ドローンの推進システムの信頼性が高いことは明白です。Phantom 4 Proはデュアル・コンパス・モジュールとデュアルIMUユニットを採用し、それらから受信するデータを常に比較検証しています。受信されるデータは、フライトに影響を与えることなく最新のアルゴリズムで精度が確認され、不正確なデータは破棄されます。これにより、フライトの安定性と信頼性が維持されます。

インテリジェントバッテリー

Phantom 4 Proの最大フライト時間は30分です。完璧な撮影を実現するために、より長くフライトできるようになっています。DJI GOアプリはバッテリー残量を表示し、飛行距離などに従って、あとどのくらい飛べるのかを計算します。バッテリー残量が離陸した場所に安全に戻ってこられないレベルに達すると、警告を発します。また、最新のバッテリー・マネージメント・システムにより、過充電や過放電を防ぎます。長期間にわたって保管される場合は、バッテリーの良好な状態を保つために放電します。

DJI GO

空撮を行う場合、機体の操作や撮影も含めたほとんどの操作は送信機で行います。その一方で、よりチャレンジングな撮影にはリアルタイムのビデオフィード、必須の飛行統計データと最新の設定が必要です。これらのコントロールはスマートデバイスで行うため、スマートデバイスは空撮にとって不可欠な要素です。DJI GOアプリは空撮向けに最適化されており、すべての機能に対応するために機体と合わせて更新されます。DJI GOアプリはシンプルで使いやすいコントロールを提供するため、スマートデバイスでも使用可能で、DJI Crystalskyモニターでも使えます。

DJI GOアプリを使えば、多くのインテリジェント・フライトモードを利用することができます。さらに、DJI GOアプリでは、カメラのISO、絞り、シャッタースピード、画像フォーマット等も含めて、マニュアルでのコントロールも可能です。DJI GOアプリが変更されると、その変更がほぼ同時に画面上に表示されます。必須のフライトデータと動画伝送のステータスもアプリで簡単に確認できるので、コントロール効率と利便性もさらに強化されています。

DJI GOアプリには迅速な編集を実現する編集機能も含まれ、ソーシャルメディアへの投稿やライブストリーミングの共有も可能です。各フライトの後には、飛行ルートやデータが付属のDJI GOアカウントに 自動で記録、同期され、いつでもレビューできます。フライトログとフライトデータを簡単に記録、レビューできます。

仕様

機体

重量(バッテリーとプロペラを含む)1388g
対角寸法(プロペラを含まず)350mm
最大上昇速度Sモード:6m/s、 Pモード:5m/s
最大下降速度Sモード:4m/s、 Pモード:3m/s
最大速度72km/h(Sモード)、58km/h(Aモード)、 50km/h(Pモード)
最大傾斜角度42°(Sモード)、35°(Aモード)、25°(Pモード)
最大角速度250°/s(Sモード)、150°/s(Aモード)
限界運用高度(海抜)6000m
最大フライト時間約30分
動作環境温度0~40℃
衛星測位システムGPS/GLONASS
GPSホバリング精度垂直方向:±0.1m(ビジョンポジショニング使用時)、±0.5m(GPSポジショニング使用時)
水平方向:±0.3m(ビジョンポジショニング使用時)、±1.5m(GPSポジショニング使用時)

ビジョンシステム

対応速度地上2mで50km/h以下
対応高度0~10m
動作範囲0~10m
障害物検知範囲0.7~30m
障害物検知角度60°(水平方向)、54°(垂直方向)
検知範囲10Hz
動作環境地表の模様が明瞭で、適切な明るさのある状態(15ルクス超)

カメラ

センサー1”CMOS、有効画素数:20M
レンズ視野角 84° 、8.8mm/24mm(35mm判換算)、f/2.8~f/11
オートフォーカス(1m~∞)
ISOレンジ動画:100~3200(自動)、100~6400(手動)
写真:100~3200(自動)、100~12800(手動)
メカニカルシャッター8~1/2000s
電子シャッター8~1/8000s
最大静止画サイズ3:2アスペクト比:5472×3648
4:3アスペクト比:4864×3648
16:9アスペクト比:5472×3078
PIV(ピクチャーインビデオ)の静止画サイズ16:9アスペクト比:
  • 5248×2952(3840×2160 24/25/30p、2720×1530 24/25/30p、1920×1080 24/25/30p、1280×720 24/25/30p)
  • 3840×2160(3840×2160 48/50p、2720×1530 48/50p、1920×1080 48/50/60p、1280×720 48/50/60p)
17:9アスペクト比:
  • 4896×2592(4096×2160 24/25/30p)
  • 4096×2160(4096×2160 48/50p)
静止画モードシングルショット
バーストショット:3/5/7/10/14枚
オート露出ブラケット(AEB):0.7EV ステップでの3/5ブラケットフレーム
インターバル:2/3/5/7/10/15/30/60s
動画モードH.265
  • C4K:4096×2160 24/25/30p @100Mbps
  • 4K:3840×2160 24/25/30p @100Mbps
  • 2.7K:2720×1530 24/25/30p @65Mbps
     2720×1530 48/50/60p @80Mbps
  • FHD:1920×1080 24/25/30p @50Mbps
     1920×1080 48/50/60p @65Mbps
     1280×720 48/50/60p @35Mbps
H.264
  • C4K:4096×2160 24/25/30/48/50/60p @100Mbps
  • 4K:3840×2160 24/25/30/48/50/60p @100Mbps
  • 2.7K:2720×1530 24/25/30p @80Mbps
     2720×1530 48/50/60p @100Mbps
  • FHD:1920×1080 24/25/30p @60Mbps
     1920×1080 48/50/60/120p @80Mbps
  • HD:1280×720 24/25/30p @30Mbps
     1280×720 48/50/60/120p @45Mbps
最大ビデオビットレート100Mbps
対応ファイルシステムFAT32(≦32GB); exFAT(>32GB)
写真JPEG, DNG(RAW), JPEG + RAW
動画MP4/MOV(AVC/H.264;HEVC/H.265)
対応SDカードMicro SD、最大容量:128GB
書き込み速度 15MB/s以上、クラス10またはUHS-1が必要
動作環境温度0~40℃

ジンバル

機構3軸(ピッチ、ロール、ヨー)
操作可能範囲ピッチ:-90°~ +30°
最大制御角速度ピッチ:90°/s
角度制御精度±0.03°

TOF(Time-of-Flight)検知システム

障害物検知範囲0.2~7m
障害物検知角度±35°(水平方向)、±10°(垂直方向)
検知周波数10Hz
動作環境反射率が異なる表面、
および反射率 >8%(壁、木々、人など)

送信機

動作周波数2.400~2.483GHz+D117
最大伝送距離4km(日本仕様)(障害物および干渉がないこと)
動作環境温度0~40℃
バッテリー6000mAh LiPo 2S
動作電圧1.2A @7.4V
ビデオ出力ポートGL300E:USB
GL300F:HDMI、USB
モバイルデバイスホルダーGL300E:タブレットとスマートフォン
GL300F:ディスプレイ付き(5.5インチディスプレイ、1920×1080、1000cd/m2、Androidシステム、4G RAM+16G ROM)

インテリジェント・フライトバッテリー(PH4-5870MAH-15.2V)

容量5870mAh
電圧15.2V
バッテリータイプLiPo 4S
電力量89.2Wh
正味重量468g
充電温度範囲-10~40℃
最大充電電力100W

充電器

電圧17.4V
定格出力100W

商品構成

  • ※ アクセサリー類は保証の対象外です。

外部リンク

商品の仕様・外観は改良のため予告なく変更されている場合があります。
ご覧いただいている環境によっては、掲載されている写真とお届けする商品の色合いが若干異なって見える場合があります。

お客様のご都合による返品、交換は致しかねます。
詳しくは弊社利用ガイド 返品について をご確認ください。