SONY・Panasonic・JVC・Canon・FUJINON・Vinten・sachtler・Blackmagic design 業務用機器正規取扱店

【AJ-PX270】 Panasonic メモリーカード・カメラレコーダー

商品コード AJ-PX270
メーカー Panasonic
標準価格 680,000円(税抜)
販売価格 462,500円(税抜) / 499,500(税込) (送料無料)
在庫数量 2 [2台限定]
中古品はこちら → 関連商品 : AJ-PX270 中古品
キャンペーン

代引手数料無料

延長保証対象
同時購入

MB PL-CC-195N 同時購入で単品購入時より 5,000円(税抜)、もしくはVK-APEX 同時購入で単品購入時より 3,000円(税抜)の値引!

同時購入

Video Assist 同時購入で単品購入時より 10,000円(税抜)の値引!※単品購入時の購入特典は付きません。

保証変更*
購入個数

商品詳細情報

メモリーカード・カメラレコーダー AJ-PX270

別売オプション

概要

AJ-PX270は、パナソニックが培った放送機器の技術とノウハウを継承し、ショルダータイプに迫る高性能・操作性・運用性を小型軽量サイズに凝縮した、放送業務用ENGカメラレコーダーです。AVC-ULTRA*1 コーデックとmicroP2カードに対応。AVC-Intra/AVC-LongG/AVC-Proxyマルチコーデック記録により、番組制作からネット転送を用いたスピーディーなニュース取材まで幅広い用途に応えます。22倍の高倍率と3マニュアルリング付きズームレンズ、高解像度OLEDビューファインダーを搭載。フロントRECボタンなどの操作類や端子類の配置も、ショルダータイプの仕様に合わせた新デザインに一新しました。そして、ネットワーク機能の搭載によりファイルベース収録からさらに一歩進んだネットワークベース収録へと、ワークフローを革新します。有線LAN、無線LAN** または4G/LTE回線** 経由でカメラレコーダーがサーバーに直結することにより、即時性の高いニュースシステムを構築します。

現場とリアルタイムに繋がるネットワーク機能

ネットワーク** に繋がるデュアルコーデック記録*1

AVC-Intra100/50、AVC-LongG50/25のメイン記録(MXF形式)と低ビットレートのプロキシー映像の同時収録が可能。ネットワーク機能と組み合わせることにより、プロキシー映像をLAN、無線LAN、4G/LTEネットワークを介してIP伝送が可能です。これによりニュース速報やメイン記録データの到着を待つことなく先行して編集作業に入れるなど映像制作のワークフローを劇的に高速化させることができます。

  • ** 詳しくは「ネットワーク機能を使用する際のご注意」をご覧ください。
  • *1 記録モードによっては対応しないフォーマットがあります。詳しい記録フォーマットにつきましては「記録コーデックと映像フォーマットの対応一覧表PDF」をご覧ください。

有線LAN、無線LAN、4G/LTE 対応ネットワーク機能**

LAN(Ethernet)端子を標準装備し有線LAN 接続が可能。またワイヤレスモジュール(別売/ AJ-WM30)を内装することにより無線LAN(IEEE802.11g/n 規格)接続に対応しています。ネットワークに接続したPC/Mac、タブレット端末、スマートフォンから以下の機能が利用できます。さらに4G/LTE 回線にも対応しています。

●プロキシープレビュー:プロキシー(AVC-Proxyファイル)の再生、ファイル・クリップ情報のダウンロード、メタデータの表示と編集、ショットマーク/テキストメモの付加/ 削除が可能です。*1
●カメラリモート:各種の端末でWebアプリによる簡易リモートが可能なほか、iPad 用アプリ(Apple App Storeより無償提供/ P2 ROPAPP)を用いてECU同等の多機能リモートが可能です(詳細は「iPadによるワイヤレスカメラリモート」をご覧ください)。
●プレイリスト編集:PC/Mac、タブレット端末で可能。現地で粗編集を行って送出・転送などワークフローの効率化・高速化が図れます。
●ファイル転送:有線LAN、無線LAN、4G/LTE回線を経由してカメラレコーダーからネットワークへ収録クリップ(プロキシーのみの選択も可能)のFTP 送信が可能です。

フルHDストリーミング送出に対応**

本線素材をメモリーカードに収録しながら、ネットワーク接続(有線LAN、無線LAN、4G/LTE 回線)を経由してフルHD 映像のストリーミング送出が可能※1 になり、PC/Macで受信できます。新たにQoS※2 (Quality of Service)モードを搭載、ネットワーク状況に応じてビットレートを最適化する機能により、通信帯域が狭くなった場合でもストリーミング配信を継続することができます。ニュース取材で本データを収録しながら、速報映像を本局にライブ配信※3 するなどのソリューションを提供します。

  • ** 詳しくは「ネットワーク機能を使用する際のご注意」をご覧ください。
  • *1 AVC-Intra200選択時ストリーミング出力は対応しません。AVC-Intra50選択時、SDストリーミングモードのみ対応します。
  • *2 QoSモードの受信には無償提供されるソフトウェアP2 Streaming Receiver (Win用のみ、Mac非対応)が必要です。
  • *3 映像音声は遅延して到達します。遅延幅はネットワーク環境やPC・サーバー等のハードウェア、ソフトウェアの環境により変動します。

ストリーミングモードの解像度/フレームレート一覧

モード解像度フレームレートビットレート映像コーデック*1
AVC-G6 1920×1080*2 30 fps/25 fps*4 6 Mbps H.264 High Profile
1280×720*3 60 fps/50 fps
HQ 640×360 30 fps/25 fps 1,500 kbps
LOW 480×270 30 fps/25 fps 800 kbps H.264 Baseline Profile
AVC-G(QoS) 1920×1080*2 30 fps/25 fps*4 通信帯域により可変最大 9 Mbps H.264 High Profile
1280×720*3 60 fps/50 fps
SHQ(QoS) 960×540 30 fps/25 fps 通信帯域により可変最大 6 Mbps H.264 High Profile
  • *1 オーディオコーデックは全ストリーミングモードAAC LC 2ch。
  • *2 記録が1080/59.94i、1080/50i時のみ。
  • *3 記録が720/59.94p、720/50p時のみ。
  • *4 出力は1080/59.94iまたは1080/50i。

 

収録済クリップを自動転送、レックデュアリングアップロード

収録済クリップをFTPサーバーやクラウドサービスに順次自動転送*1。アップロードはバックグラウンドで行われ、転送中にも収録・再生ができます。カメラマンが撮影に集中できるほか、安全性・即時性も高めます。転送状態はLCDおよびファインダーで確認可能。また転送中にネットワークが切断、またはカメラレコーダーの電源が切れても、復帰時に転送を再開します。クリップを指定(最大100 件)しての手動転送も可能です。

  • *1 サイマル記録時は、スロット1の記録クリップのみ自動転送されます。インターバル記録/ループレック/ ワンクリップ記録/ワンショット記録のクリップは自動転送されません。またレックデュアリングアップロード機 能有効時は、最終クリップ削除機能、ストリーミング機能は動作しません。

 

LiveUアップリンクシステムにダイレクト接続

AJ-PX270は特別なアップリンク機材なしにLiveUアップリンクシステムが利用可能です。4G/LTE**、無線LAN**、有線LANを経由してLiveU Central マネージメントプラットフォームとダイレクトに接続。受信側でのライブプレビューとストリーミング送出が可能です。さらに受信側からAJ-PX270のアイリス、ホワイトバランス、ゲイン、ズーム、フォーカスのリモート操作が行えます。

 

ハイエンドショルダーを継承する画質・機能

ダイナミックレンジ600%、新開発1/3 型3MOSセンサー

 

新開発220万画素1/3型MOSセンサーによるRGB 3板方式。フルピクセルHD(1920×1080)の高解像度、F11(59.94Hz)またはF12(50Hz)の高感度・低ノイズ*1。豊かな階調性と色再現を実現しています。新開発センサーは、1/3型ながらハイエンドショルダー同等の最大600%(従来機300%)の広いダイナミックレンジが得られます。高輝度部からシャドー部まで豊富な映像情報を活かし、リアリティーのある描写を実現します。また、カラーグレーディングなどポストプロダクションにおける映像制作の自由度も拡大しています。

  • *1 [HIGH SENS.]モード時。

 

●FILM?RECガンマ搭載:AJ-PX270 FILM?RECガンマ600%のダイナミックレンジにより、従来のVARICAMシリーズのFILM-RECガンマを搭載。従来のハンドヘルド機に搭載しているCINE-LIKE Dを超えるラティチュードを実現しました。ガンマカーブは7モード(HD / SD / FILMLIKE1 / FILMLIKE2 / FILMLIKE3 / FILM-REC / VIDEO-REC)から選択可能です。

●DRS(Dynamic Range Stretcher):黒ツブレ・白トビを抑え、視覚的に広いダイナミックレンジを獲得できます。

 

3リング装備・超低速シーソー対応の22倍ズームレンズ

 

新開発のズームレンズは、小型軽量ながら22倍(f=28mm?616mm/35mm換算)のワイドなズームレンジ。広角から望遠までコンバージョンレンズなしでカバーできます。超高屈折率ガラス、低分散ガラス、非球面レンズを組み合わせた12群18枚構成。最新光学テクノロジーが高解像度を実現。パナソニック独自のCAC(色収差補正)機能も組み込み、周辺画像の色にじみを最小限に抑え、ニュアンス、陰影感に優れた描写力です。
またメカニカル(カム式)ズームリング、フォーカスリング、アイリスリングを備えた3リング構成。 粘りとリブ形状にもこだわり交換レンズに近い感覚のマニュアル操作が可能。とくに微妙な操作を要求されるフォーカスリングには指の触れる方向と往復動作に配慮したウェーブ・ローレット形状を採用しました。シーソーズームレバー(グリップ/ハンドル)は最長180秒の超低速ズーミングにも対応しています。

 

手振補正OIS・デジタルズーム・NDフィルター

●光学式手振補正システムOIS(Optical Image Stabilizer)を内蔵。
●デジタルズーム機能*1 搭載。ユーザーボタンに登録し、×2倍/×5倍/×10倍にアップ。光学ズームとの併用で最大220倍の超望遠が可能。
●NDフィルター(OFF、1/4、1/16、1/64)内蔵。

  • *1 デジタルズーム機能が動作中はフラッシュバンド補正は動作しません。

きめ細かな画づくりが可能な新・画質調整メニュー

 

カメラ信号処理LSIには色域ごとに色相調整が可能なハイエンドショルダー同等の15軸(12軸+肌色3軸)独立色補正ほか、多彩な画質調整機能を内蔵しています(下記)。視認性と操作性にすぐれた、新・画質調整メニューを採用。きめ細かな画づくりが直感的に行えます。

●設定項目:Hディテール、Vディテール、ディテールコアリング、スキントーンディテール、クロマレベル、色温度、マスターペデスタル、ニー、マトリックス、カラーコレクション、RBゲインコントロール、クロマ設定、ブラックコントロール、ガンマ、ハイカラー、ホワイトクリップ。

きめ細かな画づくりが可能な新・画質調整メニュー

MOSセンサー特有のフラッシュバンド現象(スチルカメラなどのフラッシュ閃光がある状況で撮影すると帯状の明暗差が生じる現象)を検出し補正する、高精度のフラッシュバンド補正機能を搭載しています。

1080pに対応したバリアブル・フレームレート

映画・ドラマ・CM制作で活躍するVARICAMを受け継ぐバリアブル・フレームレート機能(AVC-Intra100)*1。1fps ? 60fpsの可変フレームレートを備え、高速度撮影によるスローモーション、コマ落し撮影によるクイックモーションを駆使したフィルムカメラのような映像表現が可能です。

  • *1 ネイティブバリアブルフレームレート記録時はプリレック、ループレック、インターバル記録、ワンショット記録、デュアルレック、およびワンクリップレックはできません。

 

快適なフォーカス・アシスト機能

マニュアル・フォーカス・モード時に、素早く的確なフォーカス合わせをサポートする、充実のフォーカス・アシスト機能を備えています。
●ターボ・ワンプッシュAF:PUSH AUTOボタンにより0.5秒以下*1 で合焦する、ターボ・ワンプッシュ・オートフォーカスを搭載。
●フォーカス・イン・レッド:合焦している画像のエッジを赤く強調。
●エクスパンド:中央部を拡大表示することで視認性を上げる。
●フォーカス・バー:合焦レベルをグラフィカルにメーター表示。

  • *1 撮影条件・被写体により、合焦時間は変動します。

 

電子水準器を内蔵

 

電子式の水準器を搭載。LCDモニター画面表示でカメラの傾きを確認できます。手持ち撮影、ローアングル、ハイアングルでも容易にカメラの水平を保つことが可能です。

OLED EVF & 高解像度LCD パネル搭載

 

ビューファインダーには業務用ハンドヘルドタイプで初めて、映像遅延が少なく色再現にすぐれた高解像度OLEDディスプレイ(約236万ドット、映像表示エリア約177万ドット)を搭載。またLCDモニターには、QHD IPS液晶パネルを搭載。フォーカス合わせが容易です。

シーンファイル/ユーザーファイル

シーンファイルは6つのプリセットを任意に変更可能。本体に1セット、SDメモリーカードに8セットを保存できます。カメラ設定値もユーザーファイルとして本体に1ファイル、SDメモリーカードに8ファイル保存できます。
●プリセットファイル(初期設定): F1標準/F2(FLUO.)蛍光灯下/F3(SPARK)メリハリ強調/ F4(B-STR)暗部の階調を拡大/ F5(CINE V)コントラスト重視の映画感覚/ F6(CINE D)ダイナミックレンジ重視の映画感覚

収録をサポートするプロフェッショナル仕様の多機能

●ユーザーボタン:8つのボタンに任意の機能を割り当て可能。
●波形+ベクトルスコープ:WAVE(波形)およびVECTOR(ベクトルスコープ)を子画面で、LCDモニターに簡易表示できます。
●3ポジションゲイン切換:ゲイン・セレクターは、-3dB? +18dBから選択したゲインをL/M/Hのそれぞれに割当てることができます。
●+36dBのスーパーゲイン:+24dB/+30dB/+36dBのスーパーゲイン機能を装備。最低被写体照度0.02 lx の超高感度収録が可能です。
※ F1.6、18 dBゲイン、1秒蓄積、[HIGH SENS.]モード時。
●スローシャッター付電子シャッター:1/60秒 ? 1/2000秒の7段階(60i/60pモード)およびスロー、シンクロスキャンモードを装備。シンクロスキャンモード時に開角度設定(deg表示)が可能。
●ショックレスAWB:ホワイトバランス自動切替時、なめらかに移行するショックレス機能により、たとえば屋外から屋内に入った場合なども自然なホワイトバランスが得られます。ATW(自動追尾)機能付。
●MODEチェック:カメラの設定状態をEVF/LCDに一覧表示します。
●ZEBRA:0%から109%まで1%ステップ、2パターンのゼブラを内蔵。2パターンを重ねて表示するモードも備えました。
●YGET:画面中央付近の明度を数値で正確に測定できます。
●ニーモード設定(AUTO/MANUAL/OFF)。
●2値(A/B)メモリー、プリセット(3200/5600/VAR)のホワイトバランスセレクター。
●スキャンリバース撮影:映像を上下、左右反転して表示・記録できます。
●多彩なマーカー表示:センターマーカー表示、セーフティーゾーンマーカー表示、フレームマーカー表示対応。

報道・番組制作に応える高画質記録

高画質AVC-Intra200コーデックに対応

 

マスタリングからストリーム配信まで、用途に適した画質とビットレートが選べ、放送・映像制作のニーズにきめ細かく対応できるパナソニックの放送業務用コーデック体系“AVC-ULTRA”に標準対応しました。

 

制作に適したフレーム内圧縮方式のAVC-Intra。従来から放送用HDコーデックとして定評あるAVC-Intra100/50に加え、、さらに倍のビットレートを備えたAVC-Intra200(量子化10ビット、サンプリングレート4:2:2、ビットレート約200Mbps※1)を加えました。非圧縮に迫る高画質と、高音質24bitオーディオによりマスタリング用途、アーカイブ用途に適した高品質を提供します。

 

フレーム間圧縮方式により高画質HD記録を低ビットレートで実現。現場からのオンエアやネット転送に応えます。AVC-LongGは50/25/12の3モードを備え、AVC-LongG25は10bit/4:2:2の高画質が、ビットレート約25 Mbps(1080/59.94i時)で運用できます。

 

 

本データとは別に低レートかつ高解像度・高音質のプロキシー映像(Quick Time/H.264)を記録※2。メタデータも含んでおり、オフライン編集が効率良く行えます。( AVC-Proxy 記録モードを参照)

  • *1 1080/59.94i時。
  • *2 ループREC、インターバルREC時には、プロキシー記録はできません。プロキシーデータとは低ビットレートの映像と音声のデータにタイムコード、メタデータなど管理情報が付随したファイルデータです。

フルフレームプログレッシブ記録

1080/60p*1(50p)フルフレーム・プログレッシブ記録をサポート。AVC-Intra100またはAVC-LongG25/LongG12コーデックで記録できるほか、3G SDIとHDMI出力端子からカメラスルー出力が可能です。

  • *1 60pは実際はそれぞれ59.94Hzで記録されます。

HD/SDマルチフォーマット/マルチコーデック

1080/60i*1 のほか、24p*1、30p*1、60p*1、そして720pのマルチHDフォーマットとSD収録に対応。50i、50p、25pもサポートし、海外向け制作や海外支局運用に便利です。DVCPRO HD/DVCPRO 50/DVCPRO/DVの記録にも対応します。(記録コーデックと映像フォーマットの対応一覧 を参照)

  • *1 60i、60p、24p、30pは実際はそれぞれ59.94Hz、23.98Hz、29.97Hzで記録されます。24p、25p、30pはネイティブモードで記録されます。

高音質24bit・4CHオーディオ収録

AVC-Intra/AVC-LongG※1 モードで高音質48kHz/24bitデジタルオーディオ収録※2 をサポート(AVC-LongG12/ DVCPRO HD /DVCPRO 50/DVCPRO/DVでは16bit)。全モードで4チャンネル収録が可能です。チャンネルごとにFRONT、REAR(マイク/ライン切替)を選択。レベル調整も4チャンネルに対応しています。

  • *1 AVC-LongG12モードには対応していません
  • *2 24bitデジタルオーディオ対応機器で再生できます。詳しくは「24bitオーディオに関するご注意」をご覧ください

microP2カードスロット標準装備

 

SDカードサイズに凝縮された新放送業務用メモリーカード、microP2カード専用のスロット2基を標準装備。
●microP2カード:P2カードの高信頼設計を受け継ぎ、64GB*1 の大容量を備えながら、SDカードサイズへのサイズダウンと大幅なコストダウンを達成しました。
●CPS(コンテンツ・プロテクション・システム):microP2カードの新セキュリティ機能。カードに記録されたデータをパスワードでロックし不正アクセスから保護することにより、データ流出を防げます。
●P2カードスロット:1基備え従来のP2カードも使用可能です*2
●機動性・信頼性:microP2/P2カードは温度変化、粉塵、衝撃・振動に強く、VTRのような結露・ヘッド目詰まり・ドロップアウトの心配がありません。収録は空き領域に行われ、頭出し不要。上書きの危険もありません。

  • *1 表示容量には管理領域等が含まれており、収録に利用できる容量はこれより少なくなります。記録時間は「記録時間」表 をご覧ください。
  • *2 microP2カードとP2カードには、同時に記録する事はできません。

サイマル記録など多機能収録*1

●サイマル記録*22枚のmicroP2カードに安心の二重記録。
●バックグラウンド記録*2スロット1にて通常のRECスタート/ストップで収録しながら、スロット2では停止中でも収録を続けます。
●ホットスワップ記録*2収録中のカード交換、スロット切換*3、連続記録が可能です。
●ワンクリップREC:連続した複数カット(最大99カット)を1クリップとして収録。REC開始点にテキストメモを自動添付し、カットの頭出しに対応。
●プリREC:RECスタート前、HDでは約3秒間、SDでは約7秒間の映像・音声を常時メモリーすることにより、撮り逃がしをリカバリー可能。
●ループREC:順次ループ記録により常に過去一定時間の収録を保持。
●インターバル記録:間隔と記録時間を設定した自動間欠収録。
●ワンショット記録:アニメーション制作に便利なフレームショット。
●テキストメモ記録*41クリップに最大100 箇所までをブックマーク。
●ショットマーク記録*4クリップにマーキング。OK/NGなどの区分に。
●最終クリップ削除機能:最後に撮影したクリップを素早く削除。
●RECチェック:収録終端部を素早く再生チェック。

  • *1 microP2カード、P2カードの組み合わせは出来ません。
  • *2 microP2カードスロットでのみ記録ができます。
  • *3 スロットの切り換えは、収録中には出来ません。
  • *4 ループREC、インターバル記録、ワンショット記録では、テキストメモ、ショットマークを付けられません。

ワイヤレス対応のメタデータ機能

P2ファイルにはメタデータ(時刻・GPS 情報・任意の文字列・フレームにタグ付けされたテキストメモ)が添付されています。メタデータの編集は、USB、LANを介してPC等で、ワイヤレス接続*1 を用いてタブレット端末、スマートフォンからも可能です。メタデータを用いた検索・管理により、編集・送出・アーカイブの一貫した運用が容易になります。

  • *1 ワイヤレスモジュール(別売/AJ-WM30)が必要です。

ショルダーに近い操作・拡張性を追求

新設計・ショルダータイプと同様の操作類を装備

放送業務用ENGカメラとしての運用性を重視。ショルダータイプカメラレコーダーを継承する機能と配置のスイッチ、ボリュームを装備しました。ショルダータイプに慣れたプロカメラマンが、ハンドヘルドタイプならではの機動力を使いこなせる、プロフェッショナル仕様です。

●フロントREC ボタン:ショルダータイプと同様に、レンズ直下のフロントRECボタンを設けました。とくに三脚使用時、レンズ操作からスムーズな操作で収録開始が可能です。
●フロントオーディオレベル:ハンドヘルドタイプとして業界初。フロントにオーディオ入力レベルボリュームを配置(ON/OFF・CH 割付け可能)。収録中の素早い操作が可能です。
●3連トグルスイッチ:DISP/MODE CHECK、GAIN、WHITE BAL の3つのトグルスイッチを装備。ショルダータイプ同様の位置とデザインにより収録中のブラインドタッチ操作に配慮しました。
●オーディオレベルボリューム:2CH(CH1/、CH2切替)大型オーディオレベルボリュームを装備。

 

新設計・XLRオーディオ入力のセパレート配置

 

+48Vファントム給電対応XLRマイク/オーディオ入力端子を2チャンネル装備。これもショルダータイプに倣い、フロント/リア・セパレート配置を採用しました。フロントマイク端子はマイク取り付け部後方に配置され、横方向の張り出しによる引っ掛けなど不測のトラブルを防止。リアの外部オーディオ端子はハンドヘルドタイプ特有の胸当てスタイルを妨げない配慮で右サイドに配置され、カメラを構えたままでの脱着も容易です。

新設計・XLRオーディオ入力のセパレート配置

大容量のバッテリーは本体に内装され、装着時にも後方への張り出しはありません。これも胸当てスタイルを妨げない配慮です。DC電源入力を装備しており、ACアダプターから電源供給することにより、収録中のバッテリー交換にも対応しています。

多段階ズームレバー付ハンドル

 

ハンドル上部のズームレバーにも多段階可変ズーム機能を搭載しました。ローアングル撮影、三脚使用時にも、ハンドグリップのズームレバー同様に超低速からの滑らかなズーム操作が可能です。

機動性にすぐれ・運用に配慮した新デザイン

高倍率のズームレンズを搭載しながらコンパクトかつ低重心デザイン。手持ち撮影時の良好なバランス、視認性、広い視野を確保しています。大容量バッテリーは本体内に装填され、後方へのはみ出しがありません。撮影時に使用する外部端子をリアサイドに配置したこととあいまって、胸当てスタイルでの撮影を妨げないデザインです。またシャッターカバー内蔵レンズフードにより、移動中の利便性と安全性を高めました。またシャーシには剛性と耐久性にすぐれたマグネシウム合金ダイキャスト製を採用しています。

 

3G対応SDIとHDMI出力を装備

●3G SDI OUT:伝送ビットレート3 Gbpsに対応し、1080/60pまたは1080/50pプログレッシブフルフレームレート映像信号の出力をサポートします。HD SDIまたはダウンコンバートしたSD SDIに設定が可能です。SDI入力を備えた当社製レコーダーと接続して、RECスタート/ストップと連動したバックアップ収録が可能です。
●HDMI OUT:モニターなど幅広いHD機器に高画質のデジタルA/V出力が可能です。 
●アスペクト変換:SDI OUTからダウンコンバート出力時、レターボックス、サイドクロップ、スクイーズのモードでアスペクト変換が可能。

 

フィールドレコーダーAJ-PG50との組合せは、HDMI 接続/ SDI 接続のどちらでも、カメラレコーダーと連動したバックアップ収録が可能。

USB 3.0 高速転送インターフェイス標準装備

●USB 3.0(HOST):外部ストレージ*1 に高速でファイルコピー。
●USB 2.0(DEVICE):P2カードドライブとして使用できます。

  • *1 2TB以上のストレージメディアは使用できません。

GENLOCK IN・TC IN/OUTによるマルチカメラ運用

ハンディカメラレコーダーながらマルチカメラ運用をサポート。SMPTEタイムコードジェネレーター/リーダー内蔵、TC(タイムコード)IN/ OUT(切替)端子、GENLOCK IN(VIDEO OUT兼用・切替)端子を備え、マルチカメラを用いてTC同期収録が可能です。スイッチャーに対して映像を同期して出力でき、ショルダーカメラ同等の運用が可能です。

iPadによるワイヤレスカメラリモート**

iPadアプリP2 ROP APP(Appストアから無料ダウンロード)を提供。iPadによるAJ-PX270のワイヤレスリモートが可能です。P2 ROP APPはエクステンションコ ントロールユニット(AG-EC4G)同等の機能を備え、フォーカス、ズーム、画質設定、RECスタート/ストップなど、多彩なコントロールが可能。大きな数値と上下のタッチキーなど、見やすくわかりやすい表示で設定・調整操作が可能です。プロキシーブラウザーをアプリに内蔵し、収録済クリップのプレビューを確認しながら画づくりができます。メタデータの表示・編集も可能です。

 

P2 ROP App よくあるご質問

 

有線LANカメラリモート、フォーカス/ズームも対応

リモートオペレーションパネル(別売/ AK-HRP200G)を用いて有線LAN接続によるリモート操作*1 が可能です。ジョイスティックレバーによるアイリス/ペデスタル操作、メニューを含む画質調整に加え、AJ-PX270の制御時はフォーカスおよびズームのリモート操作にも対応しています。

  • *1 AJ-PX270が対応している機能のみ

その他のインターフェイスと装備

●音声出力端子(ステレオミニジャック×1)を装備。
●ヘッドホン端子(ステレオミニジャック×1)を装備。
●バックタリー、リアタリーを装備。ON/OFFが可能。
●カメラリモート:フォーカス、アイリス、ズーム、RECスタート/ストップ。

 

定格

総合電源 DC 7.2 V(バッテリー使用時)、DC 12 V(ACアダプター使用時)
消費電力 19.5 W(液晶モニター使用時)
動作周囲温度 0 ℃?40 ℃
動作周囲湿度 10 %?80 %(結露なし)
質量 約 2.2 kg(本体のみ、レンズフード、バッテリーおよび付属品を除く)
約 2.6 kg(レンズフード、同梱バッテリー、マイクホルダー含む)
外形寸法 幅 176 mm × 高さ 171 mm × 奥行 329 mm(突起部分を除く)
カメラ部撮像素子 1/3型220万画素、MOS固体撮像素子×3
レンズ 光学式手ぶれ補正レンズ、22倍電動ズーム、
F1.6-F3.2(f=3.9 mm-86 mm)
35 mm 換算:28 mm-616 mm(16:9)
フィルター径 72 mm
色分解光学系 プリズム方式
NDフィルター 4ポジション(OFF、1/4、1/16、1/64)
最短撮影距離 前玉から1.1 m(前玉から約0.06 m/マクロON、ワイド端時)
ゲイン L/M/Hの切替スイッチ
?3 dB?18 dB(1 dBステップ)
(USERボタン S.GAIN割り当て 24 dB、30 dB、36 dB 切替)
(マイナスゲインはHIGH.SENS.モードのみ)
色温度切換 ATW、ATW LOCK、Ach、Bch 、
プリセット3200 K/プリセット5600 K/VAR(2000 K?15000 K)
シャッター速度 [SYSTEM MODE = 59.94 Hz]
・60i/60pモード: 1/60(OFF)秒、1/100秒、1/120秒、
 1/250秒、1/500秒、1/1000秒、1/2000秒
・30pモード: 1/30秒、1/50(OFF)秒、1/60 秒、1/120秒、
 1/250秒、1/500秒、1/1000秒、1/2000秒
・24pモード: 1/24秒、1/50(OFF)秒、 1/60秒、1/120秒、
 1/250秒、1/500秒、1/1000秒、1/2000秒
[SYSTEM MODE = 50 Hz]
・50i/50pモード: 1/50(OFF)秒、1/60秒、1/120秒、
 1/250秒、1/500秒、1/1000秒、1/2000秒
・25pモード: 1/25秒、1/50(OFF)秒、1/60秒、1/120秒、
 1/250秒、1/500秒、1/1000秒、1/2000秒
スローシャッター速度 VFR = OFF時に設定可能
[SYSTEM MODE = 59.94 Hz]
・60i/60pモード: 1/1秒、1/2秒、1/4秒、1/6秒、1/15秒、1/30秒
・30pモード: 1/1秒、1/2秒、1/4秒、1/6秒、1/15秒
・24pモード: 1/1秒、1/2秒、1/4秒、1/6秒、1/12秒
[SYSTEM MODE = 50 Hz]
・50i,50pモード: 1/1秒、1/2秒、1/4秒、1/6秒、1/12秒、1/25秒
・25pモード: 1/1秒、1/2秒、1/4秒、1/6秒、1/12秒
シャッター速度
(シンクロスキャン)
[SYSTEM MODE =59.94 Hz]
・SYNC SCAN TYPE項目= sec設定時:
・60i/60pモード: 1/60.0秒?1/249.8秒
・30pモード: 1/30.0秒?1/249.8秒
・24pモード: 1/24.0秒?1/249.8秒
[SYSTEM MODE =50 Hz時]
・SYNC SCAN TYPE項目= sec設定時:
・50i,50pモード: 1/50.0秒?1/250.0秒
・25pモード: 1/25.0秒?1/250.0秒
シャッター開角度 3.0 deg?180.0 deg?360.0 deg(0.5 degステップ、角度表示)
VFR記録フレームレート ・1080/59.94p:
 1、2、4、6、9、12、15、18、20、21、22、24、25、26、27、28、30、
 32、34、36、40、44、48、54、60(フレーム/秒)
・1080/50p:
 1、2、4、6、9、12、15、18、20、21、22、23、24、25、26、27、28、
 30、32、34、37、42、45、48、50(フレーム/秒)
感度 [HIGH SENSモード]
・F11(2000 lx、3200 K、89.9 %反射、1080/59.94i)
・F12(2000 lx、3200 K、89.9 %反射、1080/50i)
最低被写体照度 0.02 lx(F1.6、ゲイン18 dB、1秒蓄積、HIGH SENS.モード時)
デジタルズーム 2倍/5倍/10倍
レンズフード レンズカバー付きフード
メモリーカードレコーダー部記録メディア P2カード、microP2カード
記録スロット P2カード×1スロット、microP2カード×2スロット
システムフォーマット 1080/59.94p、1080/59.94i、1080/23.98PsF、
720/59.94p、480/59.94i
1080/50p、1080/50i、720/50p、576/50i
記録フォーマット AVC-Intra200/AVC-Intra100/AVC-Intra50/AVC-LongG50/
AVC-LongG25/AVC-LongG12/DVCPRO HD/DVCPRO 50/
DVCPRO/DV フォーマット切り替え
記録ビデオ信号 1080/59.94p、1080/59.94i、1080/29.97pN、1080/23.98pN、
720/59.94p、720/29.97pN、720/23.98pN、
480/59.94i、480/29.97p
1080/50p、1080/50i、1080/25pN、720/50p、720/25pN、
576/50i、576/25p
記録再生時間
 16 GB32 GB64 GB
AVC-Intra200 約8分 約16分 約32分
AVC-Intra100 約16分 約32分 約64分
AVC-Intra50 約32分 約64分 約128分
AVC-LongG50 約32分 約64分 約128分
AVC-LongG25 約64分 約128分 約256分
AVC-LongG12 約120分 約240分 約480分
DVCPRO HD 約16分 約32分 約64分
DVCPRO 50 約32分 約64分 約128分
DVCPRO/DV 約64分 約128分 約256分

上記の時間は、1クリップとして連続記録したときのものです。
記録するクリップ数によっては、全体の記録時間は上記より短くなる場合が
あります。

デジタルビデオサンプリング周波数 [AVC-Intra200/AVC-Intra100/AVC-Intra50/AVC-LongG50/
AVC-LongG25/AVC-LongG12/DVCPRO HD]
 Y: 74.1758 MHz、PB/PR: 37.0879 MHz(59.94 Hz)
 Y: 74.2500MHz、PB/PR: 37.1250 MHz(50 Hz)
[DVCPRO 50]
 Y: 13.5 MHz、PB/PR: 6.75 MHz
[DVCPRO]
 Y: 13.5 MHz、PB/PR: 3.375 MHz
量子化 [AVC-Intra200/AVC-Intra100/AVC-Intra50/AVC-LongG50/AVC-LongG25]
 10 bit
[AVC-LongG12/DVCPRO HD/DVCPRO 50/DVCPRO/DV]
 8 bit
ビデオ圧縮方式 [AVC-Intra200/AVC-Intra100/AVC-Intra50]
 MPEG-4 AVC/H.264 Intra Profile
[AVC-LongG50/AVC-LongG25/AVC-LongG12]
 MPEG-4 AVC/H.264
[DVCPRO HD]
 DV-Based Compression(SMPTE 370M)
[DVCPRO 50/DVCPRO]
 DV-Based Compression(SMPTE 314M)
[DV]
 DV Compression(IEC 61834-2)
デジタルオーディオ記録オーディオ信号 [AVC-Intra200/AVC-LongG50/AVC-LongG25]
 48 kHz/24 bit、4 CH
[AVC-Intra100/AVC-Intra50]
 48 kHz/16 bit、4 CHと48 kHz/24 bit、4C Hの切替
[AVC-LongG12/DVCPRO HD/DVCPRO 50]
 48 kHz/16 bit、4 CH
[DVCPRO/DV]
 48 kHz/16 bit、4 CH
ヘッドルーム 12 dB/18 dB/20 dB(メニュー切替可)
AVCプロキシーファイルフォーマット MOV
ビデオ圧縮フォーマット H.264/AVC Baseline Profile、H.264/AVC High Profile
オーディオ圧縮フォーマット AAC-LC、リニアPCM
記録時間
(1GBあたり)の目安
AVC-G6 2CH MOV:約13分
SHQ 2CH MOV:約25分
HQ 2CH MOV: 約78分
LOW 2CH MOV: 約135分
パナソニック製を使用して連続記録した場合の参考値です。
記録時間はシーンやクリップ数によって異なります。
ビデオ入出力SDI OUT BNC×1
HD(3G/1.5G)、SD: 0.8 V[p-p]、75 Ω
VIDEO OUT BNC×1、GEN LOCK端子兼用 IN/OUTスイッチ切替
コンポジット 1.0 V[p-p]、75 Ω
HDMI OUT HDMI×1(HDMI TypeA端子、ビエラリンク非対応)
オーディオ入力内蔵マイク入力 ステレオマイク対応
AUDIO INPUT1/AUDIO INPUT2 XLR×2、3ピン
入力ハイインピーダンス、LINE/MIC(スイッチ切替)
LINE: 4 dBu/0 dBu(メニュー選択可)
MIC: ?40 dBu/?50 dBu/?60 dBu(メニュー選択可)、
+48 V ON/OFF(スイッチ切替)
オーディオ出力AUDIO OUT 3.5 mm径、ステレオミニジャック×1、出力レベル: 600 Ω、316 mV
ヘッドホン 3.5 mm径、ステレオミニジャック×1、100 Ω、?16 dBV
(32 Ω負荷、出力レベル最大時)
スピーカー 丸型20 mm径×1
その他入出力CAM REMOTE 2.5 mm径、スーパーミニジャック×1(ZOOM、S/S)
3.5 mm径、ミニジャック×1(FOCUS、IRIS)
GEN LOCK IN BNC×1、VIDEO OUT端子兼用、IN/OUTスイッチ切替
1.0 V[p-p]、75 Ω
TC IN/OUT BNC×1、IN/OUT端子兼用、IN/OUTスイッチ切替
IN: 1.0 V?4.0 V[p-p]10 kΩ
OUT: 2.0 V ±0.5 V[p-p]ローインピーダンス
LAN 100BASE-TX/10BASE-T
USB 3.0 HOST Type-Aコネクター、9ピン
USB 2.0 DEVICE Type-mini Bコネクター、4ピン
USB 2.0 HOST Type-Aコネクター、4ピン(ワイヤレスモジュールAJ-WM30専用)
DC IN 12V DC 12 V(10.5 V?13.5 V)EIAJ Type4
モニター液晶モニター 3.5 型QHDカラーモニター(約156万ドット)
ビューファインダー 0.5 型OLED(有機ELディスプレイ)
(約236万ドット、映像表示エリア約177万ドット)
付属品付属品 バッテリー(品番:VW-VBD58)、ショルダーベルト、
バッテリーチャージャー、マイクホルダー、ACアダプター、
マイクホルダー用ねじ 長さ12 mm、電源コード(2 本)、アイカップ、
レンズフード、グリップベルト

記録コーデックと映像フォーマットの対応一覧

コーデック1080720480576
60p50p60i50i30pN*124pN*2
23.98PsF
25pN*360p50p30pN24pN25pN60i30p50i25p
AVC-Intra200 - - - - - - - - -
AVC-Intra100 - - - -
AVC-Intra50 - - - - - - - - - - - -
AVC-LongG50 - - - - - - - - -
AVC-LongG25 - - - - - - -
AVC-LongG12 - - - - - - -
DVCPRO HD - - - - - - - - - - - -
DVCPRO 50 - - - - - - - - - - - -
DVCPRO - - - - - - - - - - - -
DV - - - - - - - - - - - -
  • *1 1080/29.97p over 59.94p出力。
  • *2 1080/23.98p over 59.94p出力。
  • *3 1080/25p over 50p出力。

記録時間*4

記録方法
(圧縮方式)
59.94Hz/50Hz
カード(1枚)
16GB32GB64GB
AVC-Intra200 約8分 約16分 約32分
AVC-Intra100/
DVCPRO HD
約16分 約32分 約64分
AVC-LongG50/
AVC-Intra50/
DVCPRO 50
約32分 約64分 約128分
AVC-LongG25/
DVCPRO/DV
約64分 約128分 約256分
AVC-LongG12 約120分 約240分 約480分
  • *4 1080/60p、1080/50pでは、上記時間の半分になります。上記の時間は、いずれも P2カードに 1クリップを連続記録したときのものです。記録するクリップ数によっては、記録できる時間は上記より短くなるときがあります。

AVC-Proxy 記録モード

記録モード*5ビデオオーディオ
解像度コーデックビットレートコーデックチャンネル数1チャンネルあたりの
ビットレート
AVC-G6 2CH MOV 1080iモード:1920×1080
720p:1280×720
H.264 High Profile 6Mbps*6 AAC-LC 2CH 64kbps
SHQ 2CH mMOV 960×540 H.264 High Profile 3500kbps リニアPCM 2CH 768kbps
HQ 2CH MOV 640×360 H.264 High Profile 1500kbps AAC-LC 2CH 64kbps
LOW 2CH MOV 480×270 H.264 Baseline Profile 800bps AAC-LC 2CH 64kbps
  • *5 メイン記録の映像フォーマットによっては対応しない記録モードがあります。
  • *6 720/30pN、720/24pN、720/25pNのときは3Mbps になります。

外部リンク

商品の仕様・外観は改良のため予告なく変更されている場合があります。
ご覧いただいている環境によっては、掲載されている写真とお届けする商品の色合いが若干異なって見える場合があります。

お客様のご都合による返品、交換は致しかねます。
詳しくは弊社利用ガイド 返品について をご確認ください。