SONY・Panasonic・JVC・Canon・FUJINON・Vinten・sachtler・Blackmagic design 業務用機器正規取扱店

【XF405】 Canon 業務用デジタルビデオカメラ

商品コード XF405 + 3年保証 + ((SGM-PD2-V + CG-800D) or (BP-828 + CG-800D))
メーカー Canon
標準価格 OPEN
販売価格 360,000円(税抜) / 388,800(税込) (送料無料)
在庫数量 2
デモ機展示店舗 京都店 大阪店 東京店

選べる購入特典
A,B いずれか

3年保証(自然故障のみ)に加えて、以下いずれか

A. SGM-PDII-V + CG-800D
B. BP-828 + CG-800D

アップグレードサービスについて メニュー操作でシステム周波数(59.94Hz/50.00Hz)の切り替えが可能となるアップグレードサービスを55,000円(税抜、送料別)にて提供しております。詳細はお問合せください。
キャンペーン

代引手数料無料

延長保証対象 下取値引対象
購入特典選択*

+ 3年保証(自然故障のみ)

保証変更*
購入個数

商品詳細情報

Canon XF405

新開発1.0型の大型CMOSセンサーで4K UHD 60P記録を実現。デュアルピクセルCMOS AFを搭載し、機動性と高画質を両立。

2018年上期ファームウエアアップデートにてXF-AVC(ファイル形式はMXF)に対応し、フルHD時はインターレース方式(59.94i)が可能になる予定です。

関連商品

マイクホルダーについて

従来のキヤノン製カメラと比べマイクホルダーの径が小さくなっております。直径が21mmより大きいマイクは装着できませんのでご注意ください。(従来:~Φ24mm → 本製品:Φ18mm~Φ21mm

  • * マイクホルダーには「Φ19mm~Φ20mm」と記載ございますが、±1mmまで装着できることを弊社にて確認しております。

別売オプション

紹介動画

製品概要

高画質

新開発の1.0型CMOSセンサーとデュアルDIGIC DV 6の組み合せにより、4K UHD 60PのSDカード記録を実現。

表現力

フルHD 120Pならではのスローモーション、広いダイナミックレンジを持つWide DRなど、多彩な映像表現が可能。

オートフォーカス

高速・高精度なピント合わせが可能なデュアルピクセルCMOS AFをXシリーズとして初めて搭載。充実したAF機能により、シビアなピント精度が求められる4K動画撮影をサポート。

撮影アシスト

5軸方向対応の手ブレ補正(ダイナミックIS)、リニアPCM 4CHのオーディオ記録、Wi-Fi機能など、豊富な機能を搭載。

操作性/信頼性

タッチパネル液晶とビューファインダーを搭載し、クリアな表示と軽快な撮影を実現。優れたマニュアル操作性と強制空冷による高い動作安定性により、長時間の撮影も快適です。

高画質

高精細かつ滑らかな4K高画質

4K UHD 60P

4K UHD(3840×2160)映像を60Pの高フレームレートで記録することが可能。汎用性に優れたMP4でSDカードに記録できます。

解像度カラーサンプリングビットレートシステム周波数/フレームレート
59.94P29.97P23.98P
3840×2160YCbCr 4:2:0 8 bit150Mbps LongGOP
1920×1080YCbCr 4:2:0 8 bit35/17Mbps LongGOP
1280×720YCbCr 4:2:0 8 bit8Mbps LongGOP--
4Mbps LongGOP-

1.0型CMOSセンサー

1.0型CMOSセンサー

新開発の有効約829万画素(3840×2160)、1.0型のCMOSセンサーを搭載。高品位で表現力豊かな映像表現を実現します。

デュアルDIGIC DV 6

映像処理プラットフォーム
デュアルDIGIC DV 6

映像処理プラットフォームに2基のDIGIC DV 6を採用。高度な処理能力により、高感度撮影時のノイズ低減を実現。また、4K 60P/フルHD 120P(スローモーション記録時)映像のSDカード記録などを可能にしました。

高感度・低ノイズ

S/N比に優れた信号を出力するCMOSセンサーと映像処理プラットフォームの高度なノイズ処理能力が相まって、最低被写体照度約0.1ルクス(ローライトモード時、シャッタースピード1/2秒)を実現。多様な条件で優れた表現力を発揮します。

光学15倍ズームレンズ

新開発の約25.5-382.5mm、光学15倍ズームレンズを搭載。狭小空間での取材・制作をはじめ、さまざまなシーンに対応が可能です。非球面レンズ2枚を採用。数多くの放送用レンズを開発してきた光学技術を投入し、ズーム全域で画面中心から周辺までの4K画質を実現しています。最短撮影距離はワイド端で約10mm、ズーム全域で約600mmです。

  • * 35mmフィルム換算時。

テレコンバーター/ワイドアタッチメント

テレコンバーター TL-U58(1.5倍)を装着することにより、約573mmの超望遠撮影に対応*1。また、ワイドアタッチメント WA-U58(0.8倍)を使用すれば約20.4mmの超広角撮影が可能です*2。本体レンズの光学特性に最適化した設計により、優れた画質を維持したまま焦点距離を拡張できます。

  • *1 別売。TL-U58装着時はワイド側ズーム領域でケラレが生じます。
  • *2 別売。WA-U58はワイド端のみで使用してください。

アドバンストズーム(最大約30倍)

フルHD撮影時は、4K UHDが持つ多画素センサーを活用した、最大約30倍のアドバンストズームが可能です。デジタルズームと異なり画質の低下がなく、高い解像度を維持したまま超望遠撮影が行えます。

表現力

すべてのシーンを印象的に描き出すために

Slow & Fastモーション

再生時と異なるフレームレートで記録することにより、最大1200倍(59.94P記録時)のファストモーション効果が得られます。また、フルHD時最大120fpsのハイフレームレート記録が可能なため、最大0.2倍(23.98P再生時)のスローモーション効果も実現。高速で移動する被写体も印象的に表現することが可能です。

Wide DR

ルック設定にWide DRを搭載。ITU-R BT.709をベースに高輝度部を滑らかに圧縮することで、800%のダイナミックレンジを実現しました。階調が自然で、白とびの少ない高画質映像を記録できます。ポスト処理を必要とせず、撮影したままのデータを使用することができる一方、広いダイナミックレンジがあるため自由度の高いカラーグレーディングが可能です。

独立3濃度NDフィルター

3濃度(ND1/4、1/16、1/64)を選択可能な回転式のNDフィルターを内蔵。日差しの強い屋外での撮影でも絞りを開き、背景のボケを活かした印象的な映像を記録できます。また、意図的に低速シャッターを活用し、独特のブレ感を演出したいときにも有効です。

9枚羽根虹彩絞り

円形に近い絞り形状と奇数枚構成の虹彩絞りを搭載。美しく自然なボケ味と柔らかい光芒を実現します。

オートフォーカス

ワンマンオペレーションをサポート

デュアルピクセルCMOS AF

EOS MOVIEやCINEMA EOS SYSTEM で評価の高い像面位相差AF技術を、Xシリーズとして初めて採用。スピードと精度を両立したオートフォーカスにより、シビアなピント精度が求められる4K動画撮影をサポートします。AFエリアは画面内の縦横約80%をカバーし、AF枠をタッチ操作で直感的に指定することが可能です。

  • ※ メニューの「コンバージョンレンズ」が[切]以外の設定時、IR撮影時、デジタルズーム領域ではコントラストAFとなります。
キヤノン独自の革新的なAFテクノロジー

CMOSセンサー上の1画素を2つのフォトダイオードで構成。2つの画像信号を検出し、位相差AFを行うことにより、コントラストAFより高速なピント合わせを実現します。

タッチAF/顔検出AF

タッチパネルを使ったAF枠の指定のほか、顔優先AFまたはフェイスオンリーAFによるピント合わせも可能。これらを組み合せることで、狙い通りにAF撮影が行えます。

AFの動作特性をチューニング可能

AFスピードを3段階で設定できます。また、AFレスポンスも3段階で設定でき、被写体抜けや障害物が入り込んだ際、AFをすばやく追従させるか、粘ってから追従させるかをチューニングできます。

AFブーストMF

AFモードはコンティニュアスAFと、手動で大まかに調整すると合焦付近は自動調整するAFブーストMFを搭載。不確実な調整動作を行わないため、コンティニュアスAFより安定した調整が可能です。

デュアルピクセルフォーカスガイド

マニュアルフォーカス時、デュアルピクセルCMOS AFの距離情報を利用したフォーカスガイドを表示することが可能。合焦状態はもちろん、非合焦状態の前ピン/後ピンを視覚的に確認できるため、ピント合わせがスムーズです。

撮影アシスト機能

撮影現場の多様なニーズに対応

4K対応、5軸方向手ブレ補正

光学式+電子式の手ブレ補正機構を搭載。上下左右補正に加え、光軸回転補正、縦回転補正、水平回転補正が可能です。4K UHD記録時の「ダイナミックIS」に対応し、不安定な歩き撮り時も画像歪みを大幅に軽減して見やすい映像に補正。なめらかな防振制御を実現し、自然で安定した映像を記録できます。また、「スタンダードIS」、テレ側での定点撮影に有効な「パワードIS」も搭載しています。

リレー記録/同時記録

2基のカードスロットを装備。指定したカードがいっぱいになったら、自動でもう一方のカードに切り換えて撮影が継続できます。また、同じ映像を2枚のカードに同時記録することで、撮影と同時にバックアップを確保することが可能です。

SDI-OUT端子(XF405のみ)

XF405はSDI-OUT端子を搭載。フルHD、YCC4:2:2 8bit の出力が可能で、業務用映像機器と高い親和性を発揮します。

  • * 記録設定メニューを外部記録専用に設定した場合、フルHD YCC4:2:2 10bitが出力可能。

4K出力に対応したHDMI端子

4K UHD YCC4:2:2 8bit*1/フルHD YCC4:2:2 8bit*2 出力に対応したHDMI出力端子を搭載。外部モニターや外部レコーダーと接続し、映像確認や記録に役立ちます。

  • *1 59.94P時はYCC4:2:0となります。
  • *2 記録設定メニューを外部記録専用に設定した場合、フルHD YCC4:2:2 10bitが出力可能。

リニアPCM 16bit 4CH

カメラ本体に内蔵ステレオマイクとマイク端子を搭載。AAC 16bit 2CHに加え、高音質リニアPCM 16bit 4CHにも対応しています。

XLR入力端子

同梱のハンドルユニットに2系統のXLR入力端子を搭載。内蔵マイク(2CH)で周辺の音を録音しつつ、レポーターのピンマイクで1CH、インタビューを受ける人のマイクで1CHで計4チャンネル使用。チャンネルごとに入力設定し、人の声はメリハリよくハッキリとさせ、周辺の音を自然で邪魔にならない程度にミックスするなど、柔軟なオーディオ設定が可能です。

赤外撮影

赤外撮影(INFRARED)モードを搭載。ハンドルユニットにIRライトを内蔵、別途照明やフィルターなしで手軽に赤外撮影が行えます。赤外撮影時も画面周辺の光量低下が少なく、明るい映像を得ることが可能。赤外撮影色は白と緑から選択できます。

多機能リモートコントローラーに対応

リモートコントローラーRC-V100(別売)に対応。画質調整をはじめとする主要な機能を、離れた場所から操作することが可能です。

デュアルバンド対応Wi-Fi機能

カメラ本体にWi-Fiを内蔵。2.4GHzおよび5GHz帯域をサポートし、ネットワーク環境や電波干渉といった条件に応じて運用できます。タブレットやスマートフォンのブラウザーからカメラをリモート操作したり、取材先から速報用映像をFTPファイル転送したりと、多様なワークフローに対応します。

  • 1. 表示切り換えタブ - タッチするとそれぞれ「詳細操作」と「簡易操作」を表示。
  • 2. AF/MF切替
  • 3. 露出補正値
  • 4. ステータス表 - タイムコードやメディア残量、バッテリー残量などを表示
  • 5. スロット切替
  • 6. 撮影モード切替
  • 7. ライブビューON/OFF
  • 8. カメラ設定 - シャッター速度の表示
  • 9. スタート/ストップ
  • 10. フォーカス調整 - フォーカス調整を3段階の調整幅で操作
  • 11. 絞り調整 - 明るさを調整します
  • 12. ズーム調整 - ズーム調整を3段階のズーム速度で操作

操作性/信頼性

小型化と操作性の両立

3.5型約156万ドット液晶モニター

3.5型液晶モニターに約156万ドットの高精細パネルを採用。ディテールも鮮明で、ピントや構図の確認が容易です。また、操作感の軽い静電容量方式タッチパネルの採用により、軽快なタッチ操作を実現しています。

0.24型約156万ドット相当チルト式ビューファインダー

ビューファインダーは約156万ドット相当、視野率100%。高精細な表示により、マニュアルフォーカスでも厳密なピント合わせが可能です。上方約45°のチルトが可能で、ウェストレベルやローアングルでも自然な姿勢で接眼できます。

検索性・操作性を高めたユーザーインターフェース

モニター撮影時でもビューファインダー撮影時でもすばやく快適に撮影設定できます。

マニュアルリング

マニュアルリングはフォーカス調整とズーム調整の切り換えが可能。指先の微妙な感覚を活かし、画角やピントをすばやくコントロールできます。フォーカス設定時、AF中でもマニュアル操作によるピントの微調整が行えるほか、メニューにてリングの操作方向の変更、感度(応答性)の設定(3段階)も可能です。

グリップズーム/ハンドルズーム

カメラ本体とハンドルユニットにシーソー式のズームキーを搭載。カメラ本体のグリップズームはズーム速度を「VAR(操作量に応じた可変速度設定)」「CONST(固定速設定、1~16段階)」から選択・設定することが可能。さらに、各モードにおけるスピードレベルを3段階で設定でき、きめ細かなズーム操作が行えます。

  • * ハンドルズームは「CONST」の設定のみ可能です。

アサインボタン

本体に5つのアサインボタンを装備。さらに、液晶モニターにもタッチ式のアサインボタンを用意しました。6つのボタンに機能を割り当て、直感的かつスムーズな操作が可能です。

強制空冷機構

熱対策を徹底し、業務用途に求められる動作の安定性を確保しました。CMOSセンサーとメイン基板の熱を拡散させるため、熱伝導率に優れたアルミ素材を内部構造に採用。温度上昇を抑えつつ静音ファンによる強制空冷も行い、効率よく熱を逃がします。また、吸気ダクトおよびフィンの熱伝導性の向上により、高い放熱効果を実現しました。

仕様

基本仕様

機種名XF405/XF400
システムカード記録動画MP4準拠
映像:MPEG-4 AVC/H.264
音声:MPEG-4 AAC-LC(16bit 2CH)、LPCM(16bit 4CH)
静止画撮影機能DCF準拠、Exif Ver2.3準拠
画像タイプ:JPEG
記録/再生信号方式MP4
記録メディアSD/SDHC/SDXCカード(2スロット)
記録/再生時間MP4
16GB SDカード(150Mbps、35Mbps、17Mbps、8Mbps、4Mbps):
約10分、約55分、約2時間00分、約4時間15分、約8時間35分
64GB SDカード(150Mbps、35Mbps、17Mbps、8Mbps、4Mbps):
約55分、約4時間00分、約8時間15分、約17時間35分、約35時間15分
撮像素子1.0型CMOSセンサー
総画素数:約1340万画素
有効画素数:約829万画素
液晶モニター3.5型、約156万ドット、タッチパネル(静電容量方式)
ビューファインダー0.24型、約156万ドット相当(視野率100%)
マイクステレオエレクトレットコンデンサーマイク
レンズ光学15倍ズーム
焦点距離:8.3-124.5mm(35mmフィルム換算時:約25.5-382.5mm)
F2.8-4.5、9枚羽根虹彩絞り
レンズ構成14群18枚、非球面2枚使用
NDフィルター3濃度:ターレット切り替え、電動駆動
フィルター径Φ58mm
焦点調整デュアルピクセルCMOS AF、コントラストAF、マニュアル調整可
焦点調整スタンダード、Wide DR、モノクロ
ホワイトバランスオート、太陽光、電球、色温度、セット1/セット2(白取り込み)
ゲインマニュアル撮影時、Wide DR以外:0dB-39dB (1dB ステップ)、Wide DR:9dB-39dB (1dB ステップ)
シャッタースピード(59.94P時)Tv優先/Mモード時(1/2、1/3、1/4、1/5、1/6、1/8、1/9、1/10、1/12、1/15、1/17、1/20、1/24、1/25、1/30、1/34、1/40、1/48、1/50、1/60、1/75、1/90、1/100、1/120、1/150、1/180、1/210、1/250、1/300、1/360、1/420、1/500、1/600、1/720、1/840、1/1000、1/1200、1/1400、1/1700、1/2000秒)、ローライト時(1/2-1/500秒)、ポートレートモード(1/60-1/1000秒)、スポーツ、スノー、ビーチ、夕焼け、夜景モード(1/60-1/500秒)、スポットライトモード(1/60秒)、打上げ花火(1/48秒)
最低被写体照度約0.1ルクス(ローライトモード時 シャッタースピード1/2秒)
手ブレ補正光学式+電子式補正
動画サイズMP4150Mbps:3840×2160、59.94P/29.97P/23.98P
35Mbps/17Mbps:1920×1080、59.94P/29.97P/23.98P
8Mbps:1280×720、59.94P
4Mbps:1280×720、29.97P
タイムコードドロップ/ノンドロップ選択可能、レックラン/フリーラン/リジェネ選択可能
入出力端子SDI-OUT端子BNCジャック(出力のみ)、0.8Vp-p/75Ω、不平衡
3G-SDI(SMPTE 424、425、ST 299-2準拠)
HD-SDI(SMPTE 292、ST 299-1準拠)
エンベデッドオーディオ、タイムコード(VITC/LTC)
HDMI OUT端子HDMIミニコネクター(出力のみ)
USB端子mini-B Receptacle、Hi-Speed USB(出力のみ)
MIC端子Φ3.5mmステレオミニジャック、不平衡
INPUT端子(2系統)XLR 3ピンジャック(1.シールド、2.ホット、3.コールド)、平衡
ヘッドホン端子Φ3.5mmステレオミニジャック -29dBV(16Ω負荷、ボリューム最大)/100Ω
REMOTE端子Φ2.5mmステレオミニミニジャック(入力のみ)
Ethernet端子Ethernetコネクター(RJ45)(1000BASE-T対応)
電源その他電源電圧DC7.4V(バッテリーパック)、DC8.4V(DC IN)
消費電力XF405:約9.0W(MP4、150Mbps、液晶モニター使用時)
XF400:約8.8W(MP4、150Mbps、液晶モニター使用時)
動作温度約0°C~+40°C
外形寸法(幅×高さ×奥行き)約135×97×214mm(本体のみ)
約150×97×267mm(レンズフード装着時)
約150×216×267mm(レンズフード、ハンドルユニット装着時)
いずれもグリップベルトを含まない。
撮影時総質量XF405:約1670g
XF400:約1665g
(レンズフード、マイクホルダーユニット、ハンドルユニット、BP-828、メモリーカード(1枚)含む)
本体質量XF405:約1150g、XF400:約1145g(いずれもグリップベルトを含む)
  • * 2018年上期ファームウエアアップデートにてXF-AVC(ファイル形式はMXF)に対応し、フルHD時はインターレース方式(59.94i)が可能になる予定です。

バッテリー使用時間の目安

対応バッテリー

  • バッテリーパック BP-820
  • バッテリーパック BP-828
MP4形式
録画モード 使用時間 使用画面 XF405 XF400
BP-820 BP-828 BP-820 BP-828
150Mbps
(59.94P)
連続撮影時間 液晶モニター 1時間15分 1時間55分 1時間15分 2時間00分
ビューファインダー 1時間20分 2時間05分 1時間20分 2時間10分
実撮影時間 液晶モニター 35分 1時間00分 35分 1時間00分
ビューファインダー 40分 1時間00分 40分 1時間00分
再生時間 液晶モニター 1時間45分 2時間45分 1時間50分 2時間45分
35Mbps
(59.94P)
連続撮影時間 液晶モニター 1時間25分 2時間10分 1時間25分 2時間15分
ビューファインダー 1時間30分 2時間25分 1時間35分 2時間25分
実撮影時間 液晶モニター 40分 1時間10分 40分 1時間05分
ビューファインダー 50分 1時間20分 50分 1時間10分
再生時間 液晶モニター 2時間10分 3時間20分 2時間15分 3時間25分
17Mbps
(59.94P)
連続撮影時間 液晶モニター 1時間25分 2時間10分 1時間25分 2時間15分
ビューファインダー 1時間30分 2時間20分 1時間35分 2時間25分
実撮影時間 液晶モニター 40分 1時間20分 40分 1時間05分
ビューファインダー 55分 1時間25分 45分 1時間10分
再生時間 液晶モニター 2時間10分 3時間20分 2時間15分 3時間25分
8Mbps 連続撮影時間 液晶モニター 1時間30分 2時間15分 1時間30分 2時間20分
ビューファインダー 1時間35分 2時間30分 1時間40分 2時間25分
実撮影時間 液晶モニター 40分 1時間05分 45分 1時間10分
ビューファインダー 45分 1時間10分 45分 1時間15分
再生時間 液晶モニター 2時間15分 3時間30分 2時間20分 3時間35分
4Mbps 連続撮影時間 液晶モニター 1時間45分 2時間45分 1時間45分 2時間45分
ビューファインダー 1時間55分 3時間00分 2時間00分 3時間00分
実撮影時間 液晶モニター 50分 1時間20分 50分 1時間20分
ビューファインダー 55分 1時間25分 55分 1時間30分
再生時間 液晶モニター 2時間20分 3時間35分 2時間25分 3時間40分

同梱物一覧

  • カメラ本体
  • バリア付きレンズフード
  • パワーアダプター CA-946
  • ワイヤレスコントローラー WL-D89
  • バッテリーパック BP-828
  • マイクホルダー
  • ハンドルユニット

外観

上面

左面

  • ※ バッテリーBP-828装着時

外部リンク

商品の仕様・外観は改良のため予告なく変更されている場合があります。
ご覧いただいている環境によっては、掲載されている写真とお届けする商品の色合いが若干異なって見える場合があります。

お客様のご都合による返品、交換は致しかねます。
詳しくは弊社利用ガイド 返品について をご確認ください。